高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

実家の断捨離

実家の失敗家電!? 明るすぎる屋外防犯用センサーライト

実家でのセンサーライト設置工事の最中に、家電店担当者から聞いて「へえ~、そんなことが…」と思いました。 設置して初めてわかりました。そんな呑気なもんじゃありませんでした。こんな大事なこと、購入する前に教えておいてくれ 介護帰省時の終盤、実家の…

高齢者の靴 歩く母のニューシューズ

あれれ? そういえばそろそろ母のところに楽天で送った靴が着いてもいいころなのに…と購入履歴を見てみたらにゃんと先週末に到着したことになっています。 日課のアレクサ呼びかけで聞いてみたらなんだかよくわからない母の受け答え。「金曜日にそちらに着い…

水面下の実家の断捨離

火曜日に、実家自治体の最新ゴミ分別表をじっくり見直したらベルトとか鞄とかは「燃やすゴミ」扱い。間違えていました。水曜朝から、出そうと準備していた不燃ゴミを分別し直して、45リットル×2袋にまとめ、朝から不燃物ゴミ出し遂行。不燃物は、集積場ま…

介護帰省_30年ぶりの遺品整理など

4月の介護帰省時に合わせて、兄も合流するのが濃厚になってきました。それに備えて、前々から気になっていた2階の物入れを片付けました。兄の帰省中に、物入れのある2階仏間を、私のプライベートスペースにしようともくろんでいます。 1枚目:床に置いた段…

実家週始まりました

金曜日に帰省しました。今回も、実家ターミナル駅にて、市が実施する無料の抗原検査をしてもらい、陰性を確認してから帰宅。前に受検者男性が受検回数を訊かれて「5回? 6回 よくわかならないです」とおっしゃったのを聞いて一緒だなとうれしく思いました…

実家の不要品断捨離計画と床修繕

月日が経つのはとても早く、つい先日やったと思っていた実家の大掃除から今年で5年です。帰省するたびに使うところはこまごま片付けているつもりですがどうも、私が片付ける速度よりも、モノが増える速度のほうがはやいようにも感じています。 というわけで…

悲惨な冷蔵庫内はここでの私のアイデンティティかもしれないな

【1枚目 before】前回の帰省で、家を出るときの冷蔵庫。 【2枚目after】今回帰省時で実家に帰ってきたときの冷蔵庫。 写真にすると悲惨感が削がれるな…。そもそもbeforeにもモノがあるせい?実家の冷蔵庫を開けて悲惨な状態を確認し、落ち込むかと言えば全…

舐めて汚れを確認する

お昼前、「今日は配食ですよ」を伝えるために、アレクサで呼びかけたら、まちのスーパーまでバスで往復して帰ってきたところでした。あわわ。またいろいろ買うてきてしもたんかいな。たいへんな買い物好きであります。 「栗ご飯するからダシ(粉末)を買いに…

帰省初日の高速お片付け

帰省日当日のことです。夜9時の実家帰宅はイレギュラーなので移動を始める前(15時半頃)に母に電話して「今日は夜9時に帰ります、夜ご飯は食べておいてね。私も食べてきます」と念を押しました。「うん、わかったよ。ご飯は食べておくからね」と母。30分…

介護帰省 実家週スタート

8月9日。もうひとつの、大切な祈りの日でした。祝日の月曜日。台風やら感染症やらの間を縫うように帰省することができました。空港も機内もエアライナーも、わりと人出があり、8割くらいの席が埋まっていました。 台風の色がまだ少し残る空。運航してもら…

父の思いは母に通じたのかな

4月帰省時、30年ぶりに片付けた物入れにはたくさんの夫婦湯呑みがありました。 過去記事です。えー、あれからもう1カ月か。早くね? もちろん全部ハックしました。亡父が器が好きな人で旅先などで好みの焼き物があると、よく夫婦湯呑みをお土産に買ってきま…

実家の断捨離 30年前の段ボールを片付ける

実家に介護帰省を始めた2015年から実家の片付けを本格的に始めました。手始めはここ、ガラクタが垂直収納された階段下の物入れでした。 壊れていた扉のドアキャッチを取り替えて開閉できるようにし、とりあえず使えるように中をざっくり片付けて、ちょっ…

深夜に荒ぶれた母

母は毎朝、ほぼごきげんに起きてきます。これにはいつも救われます。今朝も変わらずごきげんでした。 ほーーーっ。 前夜は母が荒ぶれたので、どうかな…と思っていたらいつもと変わりません。意図的なのか忘れているのか、定かではありませんがあえて突っ込ま…

2月期の介護帰省スタート

時節柄欠航が多く、目下、一日一往復だけ就航している羽田~実家便。2回便を変更し、月曜の夜に帰省しました。今週は九州週。 上空はかなりの雲でした。雲の合間に下界がこんにちは。 いつもなら昼前に着きますが、今回は夜7時に家に到着です。「混乱して…

実食 5年前の賞味期限のかに缶開けてみた

JR中野駅の5番ホームへのエスカレータがカニだらけでえらいことに…。 だからというわけではありませんがカニのこと。 先日の介護帰省時に、以前からあったカニ缶を開けました。正確には棚の奥に私がしまっていたものです。いや~、こんなに過ぎていたつもり…

遠距離介護_ 夜のうちに片付ける

⇒ 左側の黒い影がソファ背面。積み上げられたものは、放置するとやがては部屋中に増殖していきます。夜のうちに片付けると、母との衝突なしにきれいになります。年末年始の介護帰省の折、ソファの裏に目をやると、ものが積もっていました。…来たな。内容を確…

どんどん新しいものを開けちゃう。ティッシュも調味料もストックあるならなんだって

今日の母はとても元気そう。アレクサだとひと目見た瞬間にごきげんがわかるのがとてもいいです。電話で声のトーンで探るのとは違った便利さ。 前日の日課アレクサで、「今日はもう早く寝る」というのが気になりました。それはア・リトル、不調のサイン。最近…

高齢母 悲しい歯ブラシ

証拠写真…_| ̄|○実家に帰省してからのルーティンは、「ただいま帰りました!」のあと、自分の動線に沿ってパパッと掃除していくことです。まず手を洗う・うがいをするなら、そのあと洗面所のボウルを磨いて排水溝のゴミを取って流れをスムーズに。洗面台を…

実家冷蔵庫で研鑽!? 賞味期限切れでも食べられるもの

賞味期限が切れても食べらるもの、さっさと廃棄すべきものをまとめました。ただし、自己責任でお願いします。

実家、傷んだ畳の急場しのぎ

家じゅう、こまごまガタがきている実家です。現在私が帰省時に利用している座敷の畳が1か所、傷んでいました。長く「あかずの間」で、日に当たらなかったのは幸いでしたが、それも善し悪し。結構な湿気なのに雨戸まで閉め切ったまま二十年以上。風通しが全く…

実家の“あかずの間”

私が気付かなかっただけで、今から思い返せばずっと昔から母は、ちゃんとADHDだったと思います。 何度も書きましたが、母は料理上手でした。今も、母の“絶対味覚”には頭が下がります。小学校高学年になると、私は母の料理を自分でも作りたくなりレシピを…

実家_夜のうち片付けるとバレずに朝からごきげん

断捨離関連の本を読むと、実家の親の荷物を子が勝手に断捨離の対象にしてはいけないと書いてあります。他人のものは他人のもの。混同してはいけない。そりゃそうです。 しかし介護の観点で片付けを考えると、悠長なことばかりも言っていられません。実家で、…

遠距離介護ことはじめ__5年前の介護帰省はじめを振り返り

「生きているうちにあと何回会えると思ってるの!? たまには顔見せなさい!!」と母にヒステリックに怒鳴られ、しぶしぶ帰省したときの室内画像(2015年9月)。写真の整理をしていたら見つけました。かなり久し振り、2年近くあけて、2泊3日の帰省。私、ちょ…

環境にあまりやさしくない介護帰省時の家事を懺悔する

介護帰省して実家の家事は、作業量が多く、気がせきます。早く片付けたいがため、「仕事第一、環境は二の次」になることあまた。さすがに後ろめたい気分になることがあります。 まず、キッチンペーパーの消費量があがります。1週間で、だいたい2ロールくら…

炭がスゴイ 実家・押し入れのカビとのたたかい(後編)

2017年からいろいろやりましたが、根本的な解決法は見つからなかったカビ臭問題。しかしひょんなことからTwitterで「炭」のヒントをいただき試してみたらかなりよかった、そんなお話です。マジですごかったんです、炭が!ようやくカビとのたたかい(後編)を…

実家・押し入れのカビとのたたかい(前編)

ふんわり帰省を始めた2015年から、実家に入るとき気になっていたカビ臭。帰京して鞄を開けると、実家から連れてきてしまったカビ臭がモワンと漂います。ちょっと、竜宮城から帰った浦島太郎が、玉手箱を開けたときを想像します。カビ臭の主な原因は、現在は…

家中の洗剤を自然派系に変えたらすごくお金が浮きました

できれば環境にやさしくありたいとは思いますが正直、実家の家事ではそうもいっていられません。買い置きの合成洗剤がたんまりあるのと、作業量が半端ないのと。背に腹は代えられぬ、という感じでしょうか。 けれども、家事をしながら洗剤酔い(香料)も困る…

実家・納屋から救出したリカちゃんたちに高値がついた

お手入れ済みリカちゃん。初代リカちゃんです。実家の納屋の片付けを済ませたあとで、東京に持ってきた自分の荷物がありました。リカちゃんファミリーです。 せっかくみんな揃っているし、しかるべきところに売りたいと考えていました。「大切にしてくれる人…

実家・散乱した納屋を片付ける

帰省したときに実家台所に母の話し相手になっているユリちゃん(55歳)の様子に違和感を覚えました。よくよく見ると、やはり。「母さん、ユリちゃんにお化粧したの?」と聞いたら「うん、おしろいしてあげた」とのこと…。頬とおでこにうっすらピンクと、なん…

羽田空港国内線第2ターミナルで西光亭と出会う

2020年7月9日に羽田空港第2ターミナル出発ゲートラウンジ北側に「イセタン羽田ストア」がリニューアルオープンすることは承知していました。東京2020大会を見越してのことだったのでしょう。7月24日は開会式の予定だったんですものね。ちょっと不思…