高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

介護者の暑さ対策_答えはまだない


f:id:huku1910:20200719140834j:plain

次に買うときも絶対これと思うほど、ボルネードのサーキュレーターが秀逸。
無段階式のダイヤルで、自由に風の強さが選べるのがいいんです!

 

寒さよりもむしろ夏の暑さのほうが高齢者には危ない。
それを危惧し、実家に室温計などを設置して注意喚起に努めています。
が、どっこい、高齢母のほうが私よりもずっと暑さに強く
熱中症でのびてしまい発熱するのは娘の私
へなちょこですみません。
言い訳すると、そもそも作業量が全く違いますから。

f:id:huku1910:20200719142923j:plain
夏の介護帰省は、暑さに弱い私にとっては小地獄です。
庭作業や、蒸し風呂のような台所で作業など、
暑さの中でのルーチン作業も静かにこたえます。


もちろん水分は摂っていますが、
クーラーをつけて体を冷やしつつ仕事ができたら、
どんなにラクか、仕事率が上がるか…。
以前は保冷剤をタオルに包んで首に巻けたのですが、
頸椎の病気があらわれてしまい、できなくなってしまいました。

 

第2の根城であるキッチンに冷房はなく、
隣室リビングのクーラーの風を
サーキュレーターで回す方法はありますが
非情な母にクーラーのスイッチを切られます。
どんなに理由を説明しようと、
「寒いっ!」と、3分後にはスイッチオフ。


身を守るため、なんとかこの状況を改善しようと
電気屋さんに、台所エリアにクーラーをつける相談をし、
下見にお越しいただいたことがあります。
しかし、構造上の問題で工事がかなり大がかりになるうえに
下見時に母が
ここにクーラーつけるのなら私死ぬからっ!(許せない、キーッ)」
モードに入り、電気屋さんもビビリ(そりゃそうです)、
あえなく断念でした。
…母さんのこと、うまくまけなかったな

 

仕方がないので、今はキッチンでサーキュレーターだけ回して
ぬるい風を起こしています。
また、首が無理なら脇にと、保冷剤を布でくるみ両脇にはさんでいます。
冷たすぎて、痛い。


まだまだ改善の余地がありそうです。

秀逸なボルネードのサーキュレーター。しかしこれも母が
「小さくて便利♪」と私の前から持ち去ってしまいます(泣
やはり2台目が必要…。

vornado.jp

 

すごくいいですが、首振りはしません。お気をつけて。