高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

笑顔を放ってぬくぬくをもらう

f:id:huku1910:20201024170316p:plain
「外応(がいおう)」という私の好きな考え方があります。
自分が問いを投げかけると、
外側の世界が応じてくれる=答えをみせてくれること。


ざっくり言うと、
宇宙(私の肉体、エネルギー体などの外側)と私自身(私のインナーサイド、意識、内側)が呼応する性質を利用したものです。
「呼応している性質」が正しいかどうかはわかりません。
ただなんとなく、そんな感覚があるだけです。気のせいかもしれません。
別の言い方をすると、集合的無意識にアクセスして活用するとも考えられます。
繰り返しになりますが、外応とは、
私が宇宙に対して問いを投げかければ、宇宙が私に答えを見せてくれるというものです。


シンクロニシティ」という言葉を好んで使う方もいらっしゃいます。
心理学者のユングが見つけた(提唱した)、
一見、因果関係のないように見えるもの同士の、共時性のある“超因果関係”。
やはり集合的無意識と深く関わりがあるといわれ
これも、宇宙と自分が相似であることの利用だともいえそうです。
※「宇宙」と書くことでわかりにくくなっているかもしれません。「自分が意図して切り取る世界」、でもいいのかもな。ただ、広義では、肌の向こうは全部宇宙、肌の内側もこれまた宇宙、と考えています。そんなの考え始めると楽しくてとまらないのです。
 
集合的無意識って、ざっくりいうとこんな感じ。
お風呂に入っているときに、湯船から自分の指先を出してみる。
指先を、たとえば、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんだとすると
離れて見えるそれらは、見えない深くでつながっています。
隠れた手首の部分にあたるのが「集合的無意識」です。

え? 余計わからなくなりました!?

f:id:huku1910:20201025104356j:plain

f:id:huku1910:20201025104403j:plain
おれは、絵が下手…


外応をキャッチするのは、
コツさえわかればだれでもできるので、私もよくやります。
ただ「問い」を宇宙に向かって投げるだけ。
そのとき自分に見えた、気づいた事象や景色がその答えです。

パッとつけたTVやラジオ、駅や電車で接する景色、開いた瞬間に触れたSNSのコメント、
すれ違う人の会話、車のナンバーなど目に飛び込んできた数字…
※宇宙はわりとシャレが好きみたいだと感じていますが、どうでしょう。
キャッチするのに慣れてくると、
問う前から、答えをちらつかせてくれます。グレイト!
本当は、いつだって宇宙はものすごく親密です。親密な謎に満ちています。


私はちいさいので、できればいつも心地よいものに触れていたい。
触れて安心していたい。
笑顔とか喜びとかあたたかさとか調和とか。
できれば怒号とか寂しさ恨みつらみ憎しみなど、
ふつうにイヤなものにはあまり触れたくありません。
そのネガティブなところに引っ張られることを、面倒だと感じてしまいます。
それよりも
よい外応に囲まれて心地よくありたい、いまだにそう思います。


と同時に、私はどなたかの宇宙の構成要素になります。
私は、どなたかが見る景色の背景になる。ほんの1点の小さな小さな構成要素かもしれませんが。
そのとき、自分がそのどなたかにとってのいい外応になることを願います。
ですから本当はいつもニコニコしていたいのですが
少し気を抜くとすぐ眉間にシワをよせて、小難しい顔をしてしまいます。
考えるときの表情グセなんです、ごめんなさいですよぅ!!
あっ、と気づいたら、口角上げて、ニコっ(ニッセイCMのママみたいに)。


現金な話ですが、自分が宇宙に放った「ニコッ」は、
また別のところから「ニコッ」となって自分に帰ってくるように感じています。
たぶん、同じエネルギーが引き寄せあう法則なんでしょうね。
私は現金な理由で「ニコッ」の貯金をします。

全部気のせいかもしれません。
その「気のせい」を大切にして暮らしています。
だって楽しいんですもの。

f:id:huku1910:20201024172719p:plain

母にはよく、「フクみたいに楽天的にはなれない」と言われます。
たぶん、楽天的というよりも、現金なのだと思います。
ネガティブなところにはまり込んでるの、疲れちゃうし、体力ないし、
正直言うと飽きちゃうし、
「もったいない」と感じてしまう。やっぱり現金だな。