高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

「余裕」のなさがプリプリな自分を招くのか

f:id:huku1910:20201031172424p:plain

ここ数年、「マインドフルネス」という言葉が流行ってきました。
対のように、「マインドワンダネス」も流入してきた感があります。


マインドワンダネス、ざっくり言うと心の迷走。
心ここにあらずで、過去に未来に飛んでいっている状態を指します。
ハーバード大学の心理学者らの研究によると、
ある行動をしているときに他のことを考えている時間は
生活時間の全体の47%くらいになるそうです。
さらにざっくり言うと、それらは「心配ごとの時間」なのだとか。


私自身の心配ごとで多いのは、時間にまつわることです。
締切に間に合わない、締切を忘れていた、約束に遅れる、
自分の手の速度を読み間違える、
待ち合わせの時間にスタッフが揃わず第三者に迷惑がかかる…などなどなど。

そんなわけですから、夢の中でもしょっちゅう時間に追われ
「遅れたぁぁぁぁぁ!_| ̄|○」を繰り返しています。
いまだに。毎日のように。
夢の中で「取り返しのつかないことをしてしまったぁぁぁ(遅刻系)」と嘆いています。
そういう意味では、逆に言うと、自分、メンタル強いのかもしれません。


先日友人に悪夢の話を聞いていたら
その方は、人が怒る、自分が怒るなどといった、
怒りにまつわるこじれた人間関係の悪夢が多いそうです。
人間関係だったり、時間だったり、気になるポイントは人それぞれなんだなぁと思いました。


そこで、私が家族に対してフキゲンになるのは
たいていスケジュールが立て込んでいて気持ちが焦っているとき
気持ちに余裕がないときだということに、ようやく気が付きました。
55歳にしてようやくでございます。
余裕さえあれば、やさしくできるんじゃん。
思うようにできないのは余裕がないだけか。なーんだ。


だからといって、すぐに改善できるわけでもないのですが
気づいただけでも大きな前進であるような気がしたのです。

明日からおれ、やさしくなれるかもしれない!!


ところで、マインドワンダネスが悪いことだとも私には全く思えず
むしろ、そこからのヒントもたくさんあるよな、と感じています。
それにしてもまあ、意識というのは宇宙にも似ていますね。

f:id:huku1910:20201031173147p:plain