高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

高齢母宅の火の用心

火の用心、火の用心。
母がきちんと毎回、火の始末を的確につけられるように、
と、願うばかりです。

母が仕事をしている私のところに来ました。
「フタがかたいから、このジュースの蓋、開けて」
ざぼんの皮を煮るそうです。
たしかこの間、「巨大なゆず」って言ってたアレを煮ようとしていますが…
まあ、いいか。

f:id:huku1910:20201114154533j:plain

ミニトマトと比較してみました。でかっ。

ドアの磨りガラス越しに、母の様子をそっとのぞいてみました。
やはり料理をするときの母は楽しそう。鼻歌が聞こえるみたい…。

f:id:huku1910:20201114154710j:plain
日々のおさんどんは、もうできませんが、
子どもの頃から家の料理を作ったり、
壮年期にはオリジナル料理のレシピを作成したり、
50人分、100人分のごちそうをみんなで作ったりしてきたから、
料理を始めると血湧き肉躍るのでしょう。
料理は、頑張ってきた母自身の、アイデンティティみたいなところがあるように感じます。

し慣れたガスでの調理なら、自在ですが、
IHだとこうはできないだろうな、でも、替えるのなら早いほうがいいな、
え、でもガスを新しくしてまだ2年だよね(もったいない)…
と、私のなかでぐるぐるぐるぐる…。


と。ドンドンドンと激しいノックとともに
鍋を抱えた母。「味見して」

f:id:huku1910:20201114150104j:plain

…珍味でした。