高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

難聴母の私に対する悲鳴を“スズ”で改善

f:id:huku1910:20201119234153p:plain
どうしようもないとわかってはいても、どうしても苦手なものはあって、
私の場合は母の悲鳴を聞くのがとてもイヤです。
まだ慣れません、全く慣れない。

ただでさえ、HSPのために驚きやすく、
大きな音が突然鳴ると、フリーズしてしまうのに。
目の前で、私に対して悲鳴を上げられると、
プッシュパペット(脱力人形)みたいになっちゃって、
生きていくのがイヤになります(大げさ)。
ものすごく打たれ弱い(これは本当)。


母は、難聴のせいで、人の気配がわからないために驚きやすく
驚いたときに猛烈な声を上げます。これも昔から。
しかし最近はいっそう顕著です。それも
あからさまにキャーッ!とか、そういうわかりやすい悲鳴です。
通りに響き渡るくらいの、わりと猛烈なヤツ。


たとえば洗面所で母が顔を洗っていて、同じ方向に私が行かなくては行けないとき
フクがきてますよ、きてるよ、きてるよ!
叫びながら近寄ったり
手を打ちながら、壁を打ちながら、近寄るのですが、
母が上の空のときはそれでも届かず、
「キャーッ!!」をかまされます
至近距離から叫ばれてもダメージが少ないように、
片耳押さえながら腰を引き気味に近寄りますが、それでもなお私は恐いのです。


母は胸を押さえて「心臓に悪い」と私を責めますが
申し訳ないですがこうなると、1ミリも母を心配する気持ちは残っていません。
そのとき私はつらくて絶望のさなかにいて、
もはや母をかまえなくなっています。

ところが、今回の介護帰省時はとくにそれが多くて、とてもつらかったのです。


しかし、ここで負けているワケにはいきません。


猫にスズをつけるみたいに、私にスズをつけておけばいいんだけど
1個のスズで母の耳に届くわけもないし、ホイッスルを吹き続けているのもしんどいし、
手や壁を打って近寄るのは、地味に腱鞘炎にこたえるのです。


しかし、帰省三日目に、突然ひらめきました。

スズだわ。スズを首から提げておけばいいんだわ!

f:id:huku1910:20201119235126j:plain

家の中にいるときは、ホイッスルのヒモにスズも一緒につけたものを
首から提げるようにしました。
母のそばに寄っていくときは、手でスズを鳴らします。
10個のスズが鳴り響き結構な音量なので、私の気配が母に確実に届くようになりました。

 

おかげで母の悲鳴は劇的に減り
私のQOLは格段にアップしたのです。やった-!

f:id:huku1910:20201119235225j:plain

 

 

通りにはスズの音が響き渡るようになりました。

年中クリスマス。