高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

サンタクロースが消えた瞬間

f:id:huku1910:20201224114325p:plain

サンタクロース役のお父さん、お母さん、
お疲れ様です。無事、作戦は成功でしょうか。

私が幼い頃は、部屋にツリーを飾ったら
その近くに、サンタさんに宛てた手紙を置きました。
「サンタさん、お元気ですか。
今年はパンダちゃんのぬいぐるみがほしいです。
よろしくお願いします。
わたしは1年とてもいい子でした」

 

そしてクリスマスイブの夜に眠ったら
サンタクロースが現れます。
どうしてもサンタクロースに会いたかったので
眠りたくなかったなぁ。ものすごく眠るのがイヤでした。
グズグズする私に
母が「耳を澄ませてごらん? サンタさんそりの音が聞こえるね」
と言うので耳を澄ますと、
サンタクロースを載せたそりについたゴージャスな鈴の音が
たしかに遠くで聞こえている気がしました。

 

うちに来るサンタクロースは
プレゼントと一緒に必ずお返事のお手紙をくれて
私はそれも楽しみにしていました。
思えばバッチリ母の筆跡でした。


1972年のクリスマスのこと。
目が覚めて、ガバッと飛び起きてベランダに行くと
ベランダに大きな包みがあり、狂喜する私。
大きな紙袋の中から、パンダちゃんと一緒にひらりと舞い落ちるものひとつ。
おもちゃ屋さんが、
父に宛てたパンダの請求書でした。


ちょっと泣きました。
私のサンタクロースが消えた瞬間です。

父さん、母さん、毎年頑張ってくれてありがとう。

もし現代だったら、サンタクロースはAmazon使わないと思うけど!?みたいなことになっていそうです…(汗