高齢ADHD母の遠距離介護記録

88歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

新型コロナワクチンのアレルギー /ポリエチレングリコールとポリソルベート

自分がアレルギー体質なので、新型コロナワクチン接種については
時にナーバスに、なりゆきを見守っていました。

食品や花粉のアレルギーについては気にしなくてもいいらしいですが、
ポリエチレングリコールとポリソルベートのアレルギーのある人は要注意らしい。
これは「新型コロナワクチン 打ってはいけない人」などのワードで検索すると
容易に調べることができます。
厚労省サイトより

www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp

といわれても、いまひとつよくわかりません。
ポリエチレングリコールについては、以下が非常に参考になりました。
とくに後半部で
「▷新型コロナウイルスワクチン接種にともなう重度の過敏症(アナフィラキシー等)の管理・診断・治療(日本アレルギー学会) 」に飛ぶことができます。
アレルギーが怖い人、必見です。
素人には、「化粧品や医薬品でのアレルギーのある人はちょっと注意しとけや」
と読めるんですが、どうなんでしょう(わかりません)。

news.yahoo.co.jp


ポリソルベート

taberugo.net

私はアルコールアレルギーがあり、自分でも仕組みは全くわかりませんが
糖アルコール関連のもの(主にエリスリトール、ソルビトールキシリトールなど)を口にしても
ぐったりすることがあります。
ゆえに、ポリエチレングリコールは地味にこえーなーと思っています。
大丈夫なことだって多いのですが。

もっとも、糖アルコールじゃなくても、
ステビアとか甘草とかアスパルテームなどは苦手です。
ゼロカロリー系飲料は口に含んだときの違和感でゴックンできない(したくないというべきか)…。


ポリソルベートを使ったものを我が家で探してみました。
1枚目:夫のシェイビングクリーム(私はダメなやつ…) 2枚目:ビタミンEC剤 どちらもワクチンと同じ「ポリソルベート80」が使われていました。とても身近なものです。

f:id:huku1910:20210704141828j:plain f:id:huku1910:20210704141855j:plain

 

私の医薬品などのアレルギー

個人差が大きなところですが、
体を改善するため、状態を良くするため・守るために飲んだりつけたりするもので反応が出ると、
ダメージが大きいです(個人の感想です)。
ちょっとまとめてみました。
私が反応するだけで、マイノリティです。
多くの人にはほぼ関係のないことですが、アレルギーのある方はお互いに気をつけましょうね!


私自身は、食品アレルギーで、カキとアルコールでアナフィラキシーを起こしたことがあります。
アナフィラキシーはありませんが金属アレルギーもあります。
化粧品関連はどの薬品がだめなのかわからないけど、
皮膚科で行ったパッチテストでは、多くの化粧品や洗剤、石けん、
コンタクトレンズの保存液もアウトでした。
皮膚につけるものの多くにわりとたやすく反応してしまいます。


30代前半、旅先で友人に、「自然派ブランドのこの日焼け止め、いいのよ~」と、
厚意で勧められ、顔に塗ってくれようとしたので、
慌ててさえぎって、手の甲に塗ってもらうと(顔はダメージ受けたらなかなか大変なのです)、
日光下で焼けつくような痛みを感じ、日焼け止めを塗布した場所がシミになった…
ということもあります。
10年以上跡が残りました。手の甲にしてよかった…。
母も30代に全く同様の経験をしており、母娘とも一切UVガードはつけません。
※母の日焼け止めダメージは子ども心に鮮烈だったこともあり、
  私はその日焼け止めのメーカーもパッケージも覚えています。

ちなみにUVカットのものを肌につけると、私はとても「重い」感じがします。
もちろん気のせいかもしれません。


有名オイルブランドのエッセンシャルオイルを使ったマッサージを受けて、
背中がボッコボコの湿疹になったこともあります。
お高い施術で、高価な精油、基盤のオイルも上質なはずですが…(泣


薬品系では、あらかじめアルコールアレルギーを伝えているので、
病院ではアルコールを使わずに対処してもらえます。ありがたいです。
ただ、反応は突然やってきます。一昨年、痛み止めの「セレコックス」で薬疹。
※そういえば薬疹は、前述したエッセンシャルオイルの湿疹に似ていました。ツブが大きいの!
子どもの頃はインフルエンザの予防接種後、副反応の高熱でダウンしたし、
二十代後半に婦人科系で開腹手術後、
抗生物質(抗菌剤かも)点滴で激しい下痢が止まらなくなったことがあります。

身内では、兄は入院中の血管造影剤検査でアナフィラキシーを起こして死にかけたし
夫はバリウムアレルギーで、健康診断でも「絶対使うな」のお達しが出ています。

ちなみに先日ドライアイ改善に処方された眼軟膏「フラビタン」は使用5日目に猛烈に痒みを覚え、
使用を中止しました(馬油に戻りましたw)。


できれば、ワクチンとかヤんだー。アレルギーこわいし。
でも、専門家が構えていてくださるのはとても安心でもあります。
「いいか、反応起こすなら、うまく時間内に出してくれ!」
と、祈るような思いです。
受診した瞬間に、間が悪く、それまでの愁訴が飛んでしまうことがありませんか?
私は時々あって、バツが悪いんですよね。

 

とにかく夫の食品アレルギーを起こすものを突きとめたくて、反応出たもののラベルを貼ったり、ホームページで原材料チェックをしているんですが、それでもなかなか突きとめられません。こうなったら意地も半分。
f:id:huku1910:20210704143214j:plain f:id:huku1910:20210704143219j:plain

 過去記事です。

55enkyorikaigo.hateblo.jp