高齢ADHD母の遠距離介護記録

88歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

母娘の外反母趾

f:id:huku1910:20210724230115j:plainf:id:huku1910:20210724230119j:plain

いきなり足で失礼します! 母娘の足です。左側折り返しているのが娘(私)。

母娘揃って外反母趾です。
私の外反母趾は先天性。
幼稚園の頃にはすでに、右足の親指の付け根が膨らんで見えました。
長靴はくとわかりやすいんですよね、飛び出るから。
上履きも運動靴も、靴という靴は、最初に右足親指の付け根に穴があきます。


幼い私の足を見て、母は
「私とそっくり。足を見れば母娘だと一目瞭然だ」とうれしそうに笑いました。


母は昭和一桁生まれ女性には珍しく、
足のサイズは24.5センチ(身長160センチくらい)とデカいです。
私もデカくて25.0か25.5センチ。
ご覧の通り、ふたりともかなり幅広で、私は4Eくらいだと助かります。


今でこそ母は安全なぺたんこ楽な靴を履きますが
50代まではヒールのある先の尖ったオシャレ靴を好んで履きました。
私が幼い頃から、一緒に出かけると、
足の痛みのために母は途中でひどくフキゲンになることも多く、
子ども心にたいへん不思議でした。
「なぜそこまでして、母さんはしんどい靴を履くのか!?」
母にとって歩きやすいぺたんこ靴やスニーカー的な靴は「悪」だったのです。
私の100倍は、母は見た目を気にするというか、
女性的だし、オシャレさんなのだと思います。


母の反面教師もあり、
私は体が不快に感じることはできるだけ避けたいタチです。
靴も歩きやすさが最優先。
でも、仕事などでそうも言っていられないこともあり、
多少でもパリッと化けたいと、痛い靴に足入れすることもあります。
「痛い」といっても、他の細身の靴に比べると、「全然痛くない」くらいに入るのですが
私の、とくに右足は痛みに敏感です。


「足の痛みなんて、感じないことにしていれば大丈夫!」と、
気合いで足入れするものの、だんだん足首から先に力が入らなくなってきます。
着地できなくなってくるのです。
もともと細身の靴を避けているし、気合いが足りないのかもしれませんけど。


そういうわけで、足の痛みを軽減するために、
足指を広げるパッドとか、矯正ベルトとか、親指ベルトとか、
ひと通りは痛みを軽減するためのアイテムは試したと思います。
行き着いたところはやはりというか、
負担をかけない、足の個性を重視した履き物選びです。
最近は、大きなサイズの女性靴を「モデルサイズ」と呼んでくれ、
昔に比べればずいぶん選択肢は増えました。

左右で足のクセも違うので、
買ってすぐに「いいわー、ラクだわ-」みたいなことは少ないですが。
外反母趾の状態が現状維持できればそれでいい。
ハードルは低めです。


母の外反母趾は、若い時から比べるとかなりひどくなっています。
それでも本人は、最近は楽な靴しか履かないので
足の痛みに顔をゆがめることはなくなりました。


私は微妙に、足の人差し指の感覚が変わってきたので、
※親指が人差し指側により多く曲がってきた模様
外反母趾の進行を阻止しようと、部屋履きを布草履に替えました。
もう5年くらい家では布草履履いています。自宅でも実家でも。
下駄も草履も、外反母趾にいいとは聞きますが、本当にそうかはわかりません。
でも、とくに夏の開放感はバツグンで気に入っています。

f:id:huku1910:20210724232717j:plain f:id:huku1910:20210724232721j:plain

鼻緒を人差し指と中指の間に入れることもあります。

f:id:huku1910:20210725094613j:plain

今履いているのはこの3つです。

1番目はカープカラー! 3番目はこれと色違いで、紺×濃紺の色合せを使っています(上の画像参照)。ただ品切れの模様です。残念。