高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

食いしん坊母の妄想!? 

先日の介護帰省時の振り返りです。

f:id:huku1910:20210910200203j:plain

お三時は母の楽しみ。この日のお三時は、冷蔵庫にあったカステラをトースターで焼いてあつあつにして、冷蔵庫の期限切れ牛乳(未開封)で作ったプリンを添えて、やはり庫内にあったぶどうを添えての、ありあわせスペシャルプレートでございます❤ ペーパードリップコーヒーで作るカフェオレとともに。完食していただきました♫


火曜日のお三時だったか、母がやや不穏気味に
「フクはよく覚えていると思うけど、
前にうちにヘビが入ってきて大変だったじゃない?
お向かいさんに来てもらって外に出してもらったよねぇ」
「……」
もちろんそんな話は知らないし、聞いたこともありません。
「あれ、夢なのかな」
「母さん、ヘビの夢ってものすごく縁起がいいんですよ!
おうちにヘビがいるなんて、お金ウホウホの夢ですよ!! よかったですね!」
「ええ、そうなの?」
「そうよぉ。なにか気になるなら、どんな感じだったか、お向かいさんに聞いてきましょうか?」
「いらないっ! 変なこと聞かないで!」

「もしくは、私は巳年だから、私の象徴が夢で出てきたとか?
いつも私がおうちにいるよ、っていうことかな」
母、大笑い…。

しばらく経つと
「あれね、ヘビじゃなくてトカゲだわ!」と母。
トカゲ、カナヘビ、ヤモリは、庭にうじゃうじゃいるので、まあなんとなくわかります。
もしかしたら入ってきたこともあるかもしれないし(自室にヤモリがきたこともあるし)。
今年はとくにトカゲをよく見かけます。
「トカゲも縁起がいいから大丈夫♡
気になるなら、やっぱりお向かいさんに聞いてみましょうか?」
「いらないっ!」

フクザツな母の心模様です…。

f:id:huku1910:20210910201128p:plain

ところで、テーブルにこんなメモを見つけました。

f:id:huku1910:20210910200637j:plain

消えてしまったオレンジジュース!? なんぞや? 
と思って母に尋ねると
「フク宛てに来たオレンジジュースを私も飲みたい」と母。

何のこと!?と思って考えたら
自分宛ての荷物を送るために私が近所のスーパーからもらってきた箱が
オレンジジュースの箱だったのです。
私が自分宛てに送ったゆうぱっくを見て、
母は、「フクがご近所に配るお土産に、特製オレンジジュースを段取りした」と物語をつくり、
誤解がとけずにたいへんでした。

 

一度口では説明したものの、すぐに忘れて誤解は蘇るので
メモをおいて再び誤解を解決…(汗

f:id:huku1910:20210910200919j:plain

「私もおいしいもの、食べたい、飲みたい」
な、食いしん坊さんw。


ふと、今しがた思い出しました。
40年前に、当時住んでいたK市のおうちでカナヘビが部屋に入ってきて、
母が嫌がり、たいへんな騒ぎになってきたことをふと思い出しました。その記憶とごっちゃになったのかもしれません。母はカナヘビを【トカゲ】と認識します。たしか帰省していた兄がつかまえて、それが【お向かいさん】に変換されたかもしれない。
記憶と現実が思わぬ繋がり方をします。
だから「フクはよく覚えていると思うけど」だったのかもしれないなぁ。
せっかくの面白い思い出話だったのに、察してあげられなくて悪いことをしました。今頃しょぼーん。