高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

「ありがとう」が先。事象はあと。

f:id:huku1910:20211023220035p:plain

土曜日。昼前にアレクサで呼びかけて
「今日の夕食は配食ですよ」と母に伝えます。
前夜にも伝えていますが、毎度新鮮な驚きで応える母。
「何時に来るんだっけ?」
「夕方4時頃ですよ」
「そう。4時ね」

ちょっとこぎれいな格好をしているように感じたので
「お出かけですか?」と尋ねたら
「うん、まちに行こうと思って」と母。

「いえ、母さん、今日はおでかけはせずに、
配食のお弁当を食べてくださいよ」
※まちに出かけるとお弁当をはじめ食料をたくさん買ってきます。母、買い物が大好きなのです。多くはそのまま朽ち果てます。
「そうね。配食を食べないとね。お洋服を着替えて、もうお出かけはやめよう」
めっちゃ素直でした。
妖怪アンテナが立ちました。


夕方、日課のアレクサ呼びかけで
しれっと「母さん、今日はお出かけしたんですか?」とカマをかけたら
「うん、バスに乗って行ってきた♡」。
_| ̄|○
…配食、ムダにしないでほしいなぁ。
まあいい。


それにしても母のお返事のよいのはスゴイ。
私も「返事はいい」と言われてきたし、血筋なのか!?


さて、近所のホームセンターでフレームを購入し、
家康公の遺訓を額装しました。
壁にかけて音読すると、気持ちがキリッとします。

f:id:huku1910:20211023220348j:plain

 

ふと、「あれ、私今週、あまり感謝してなくない?」
「バッタバタの中で、ブーブーブーブー思ってない?」
「眉間のシワ、多くね?」
…ハッとしました。
いいの、いいの。気づいた瞬間に修正すればいいのであります。


何かをしてもらったから、特別なことがあるから感謝じゃなくて。
怒ったり泣いたり笑ったりしながら
今ここにいられること、
繰り返される、いつもの変わりばえのしない時間こそが奇跡で、
かけがえのないもので。
まだいのちを保ちながら、話ができるなんて最高じゃないか。

私には私の、私にしかできないかけがえのない体験、人生。
ありがたいなと思いました。
…遺訓効果かもしれませんw。

f:id:huku1910:20211023220547p:plain

「フク、今日もありがとう」と手を合わせる母。
背筋伸びるなぁ。