高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

あやしいエネラー

日課Alexa呼びかけがつながった瞬間、
ごきげんかフキゲンか、
フキゲンはどこか痛いところがある…などはおおむね察しがつきます。
HSPなのと、「私、母のプロなのでw」

母は自分の不調を探すのが上手なタイプ。「痛い」「痒い」アピールが好きで、
ヘタすると不穏へ一直線となりがちです。くわばらくわばらw。

母に愁訴がある場合、
多くは画面で母を見ながら、こちらから軽く、エネルギー(TDE、後述)を送ると
おおむね通話が終了する頃にはケロッとします。
通話終了には間に合わなくても、翌日の日課呼びかけまで持ち越したことはほぼありません。


注意すべきは、母の思いこみ発言をうっかり信じないこと。
先日は「脊椎のいちばん上が痛い」と訴える母。
いちばん上!?
本当に環椎・軸椎なら、ほぼ頭痛として感じるはず!? 不可解なので
「どこが痛いのかを押して私に見せてください」と頼んだら
「寒いからいやだなぁ…」と言いつつ衣服を脱ぐ母。

f:id:huku1910:20220216222201j:plain

いやいや、服の上からでいいんですけど…(大汗
でも、母が指で押さえた場所で
大方のポイントはわかったので、それを中心にやり、改善できました。
私のはほんのつたない技術ですが、
それでも母や夫、自分のちょっとした愁訴くらいは対処できます。


母も心得たもので「背中が痛いからお祈りして」と言ってきます。
もちろんお祈りに強力な癒やしのエネルギーがあるのは存じておりますが
私のはただのエネルギーで祈らないんだけどな…まあいい、と、淡々とやります。
TDEは“念”が入るとよろしくないんだそうです。淡々いちばん。

f:id:huku1910:20220216222346j:plain

事務所に置いているホネちゃん(等身大の全身骨格模型)。

体は、私にとっては宇宙です。体のこと大好き。
最近は自宅でリモートワークが多く、
事務所の骨格模型と離ればなれなのが寂しく、
いっそ家にも骨格模型を買おうかな。
いや、家に買うなら可動の脊椎模型がいいかとニヤニヤしています。
…脊椎模型、欲しかったんですw。

f:id:huku1910:20220216222633j:plain f:id:huku1910:20220216222650j:plain

1枚目は自宅のノウちゃん(脳模型。半分に割れてパーツに分かれるんです!)。2枚目は自室に貼った解剖図など。ロマンです。

母、水曜日は右肋骨に沿っての痛みでした。
筋肉やら骨やらから、マイナスやいらないものを抜いて、たっぷりTDEを入れました。
こちらからTDEを送りながら、母にその場でちょっと動いてもらえるとベターなので
母を誘って一緒に体操をば。私もやっておりますですよ。

f:id:huku1910:20220216223151j:plain f:id:huku1910:20220216223211j:plain

「はい、そのままお顔も体操しましょう」で、多動な母は絶好調。
お口周りはリップロールで一曲軽く歌ってもらい(下1枚目)、
舌をぺろーん(下2枚目)。

f:id:huku1910:20220216223322j:plain f:id:huku1910:20220216223328j:plain

よしよし、めっちゃニコニコしてきました。

あと10分くらいで、右の肋骨あたりの痛み、なくなるといいな。

 

「TDE」は、下のパーフェクトハーモニー研鑽会に入会して、使えるようになるエネルギーです。
私は会員歴11年。TDEが大好きで、地道にエネルギー研鑽しています。
ご興味のある方は詳細は以下をどうぞ。あやしいですよ。
www.tde.jp