高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

介護帰省 実家週始まりました

実家市ターミナル駅前での抗原検査を経由し、
帰省しました。
おかげさまで今回も白です。

庭がいい感じにもっさもさです。
いい感じに…と思うのは私だけかもしれません。
ま、多様性ってことで! 野原ぽくて好きなんです。
手前はセージの株。少し花が残っていました。よい香り。


いつもの通り、冷蔵庫を掃除して、45リットル×1袋。
前回の私の書き置きが散見されますが、気にしてはおれません。
もはやこのくらいじゃあ気持ちも折れません。

調理台の鍋の中でご臨終になった煮物がありました。
前回帰京時に置いてきたヤツでした。
残りわずかだったのでよかったです。食べてくれたんだな。

 

デパートでちょっぴり高級なミニお弁当を買って
お昼は母と一緒。

本当はシャケの手前に鶏肉煮たのが入っていました。食べてから撮影しちゃいました。ごめんなさい。小さな俵むすびが3つ(ご飯半膳分くらい)の可愛らしいお弁当。各800円でした。

■宿題1

午後一で、ご近所さんに挨拶して
煮干しの件をお詫びしました。
「いいのいいの、それが食べなかったのよ。
うちの子、ネコのおやつしか食べたことがないから
人間用のを出されても怖がって食べないの」
それを伺ってものすごくホッとする反面、
あの日母が、
「ネコが喜んで、欲しがって欲しがってたいへんで…」と、
言っていたのを思い出し、微妙な気持ちになりました。
母の認知機能、なにかバグっているようです。
まあ、ご迷惑は最低限だったからよかった。
謝って済ませていただくことができたと思います。

【過去記事こちら】

 ■宿題2

通販で私が購入し、サイズ感が気になっていた靴。
母に実際に足入れしてもらってチェックしました。
若干大きいけど、本人はこれがいいと言います。
これより小さいとつらいんですって。うーん。
母よりさらにデカ足の私が足入れしてみるとピッタリ。
あまりに履きやすいので自分の分に買っちゃおうかな。

  

【過去記事です】

 家の中はいつも通りの荒れ方ですが、
なんだか微妙に違和感があり、
それがなにかはまだわかりません。
具体的には、
◎3つ4つ出しておいていたトイレットペーパーのストックが消えている、
◎母大好物のゴマドレッシングのなくなり方が早すぎる、
◎麦茶パックが消えちゃった、
◎母は普段は決して買わないニラが冷蔵庫にあった、
◎なぜかヤクルトが冷蔵庫に入っていた、
◎母が密閉容器を使っていた、
◎家康公の遺訓が剥がされてクリアファイルに入っている…

 

1枚目が今回。書き込みまでしてある。2枚目は今年の3月。

細かいことですが「え? どうした???」という感じ。

まあ追々観察していくことにします。

今日は1万歩オーバー。頑張った!!