高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

水曜朝、介護帰省が始まりました

水曜日の始発便で帰省しました。
いつものように実家市ターミナル駅で無料抗原検査に向かいますが
かつてないほど並んでいるやないの(汗。
感染拡大で、感染も珍しくなくなりました。
私だって無症状感染の可能性もあるでしょうから、
受検もドキドキです。
大丈夫、今回も白でした。ほっ。

 

買い物してから昼前に実家に到着。
まずはそのまま昼飯前に冷蔵庫を片付けて、

荒れてます。ただいま、冷蔵庫。もう共依存しそうだ。

続いてヘビーだったキッチン流しの排水口を掃除しました。
洗いかごにあったカップ類、
問題ありのものをまとめて酸素漂白。
はー、スッキリ。

お昼は土用丑の日が近いので奮発して
母大好物のうなぎ弁当。うなぎは大隅産!
 

いい顔してくれます。うふふ。

少食な母は、どうせ1個食べられないから、
小ぶりの1100円…とも思いましたが
目にもごちそう…えーい、いてまえ!!
ひとつ1600円のを2人前。奮発いたしました。
買ってから、また買いすぎたと思って静かに後悔したんです。

 

ところが、母、まさかの完食!
私がびっくり。膵臓大丈夫か!?(汗

 

お三時は、噂の、地元のスイーツ店のチーズケーキを
チョイスして帰りました。
これも大変好評でした。

真剣なお顔で、チーズケーキに取り組む母。

 

この日(水曜日)到着予定だったEM有機農法の菊池米。
私が台所に入ったころには
何食わぬ顔で米びつでスタンバっていました。

君のほうが先だったか…。

とにかく、わたしは透明人間になるぞ。
と心に決めて、実家週の始まりです。

 

だって昨日ぽちったんですもの【過去記事です】。

55enkyorikaigo.hateblo.jp