高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

介護帰省恒例、高齢母のエビフライの日

今日は帰省時恒例のエビフライの日。
帰省のたびに、母にエビフライを作ってもらっています。
冷凍庫にある母の買い置きした冷凍エビを使って。

あらかじめ母が調理に使うものを過不足ないように揃えておき、
母は完全に調理するだけにしておいて。
料理やった感を母に満喫してもらいます(そして私はラクをする!)。
今回も母が担当できること、母の元気に感謝。

 

母の下ごしらえの模様を撮影していたら、まさかのペロリ(2枚目)。

シュールだったのは、
解凍して塩こしょうした生エビの塩加減を確かめるために、
母がペロッと生エビを舐めたこと。※もともと舐めるタイプではあります。
「いやいや母さん、それはダメ。どんな菌がついてるかわかりませんから!」
直後に諫めたところ、口をゆすいでいたので、話は通じた模様です。
びっくりしたぁ。

あるいは、カメラを向けたせいで張りきっちゃってやりすぎたのかもしれません。
プロっぽくてかっこいいと思ったのでしょうか。謎。まあいい。

 

小麦粉の皿に、かまわずパン粉を入れるなど、
びっくり行動はほかにもあったものの、
おいしくできあがりました。ちゃんと母の味。よかったです。

来月もエビフライ作りますよ!(母が)