高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

歯医者を飛び出してきてしまった

やらかしました。
ほぼタックルで、歯医者さんを飛び出してきてしまいました。
今日から私はまた歯医者ボヘミアン~♪ 
_| ̄|○


火曜は朝から、3カ月に一度の歯科定期検診&メンテナンスでした。
しかし、いつもお世話になっている
歯科衛生士さんが見当たらず、
代わりにやってきた歯科医師(院長)が突如歯石取りをしてくださいました。
あ、ありがたい。
ですが、いきなり作業がスタートするので、
歯医者さん恐怖症の私はコワいのなんの。
先生には「なかなかいい状態だ」と褒めていただけましたが。

問題は、歯科医師から、私を初めて担当する歯科衛生士さんに交代してから起きました。
歯科衛生士が歯をクリーニングしてくれましたが
開けたり、押さえたり、アゴへの負担が通常よりかなり強いと感じられ、
「つらいわ~、まずアゴ外れるなぁ、でも
わかっててやってはるんやんなぁ…」
※通常、私のアゴの状態および怖がり状態は、歯科衛生士さん間で丁寧に申し送られていたので気を許していたのです。ここで処置する手にストップをかけなかったのは私の落ち度と思います。
我慢して処置を受けていましたが
「はい、お口ゆすいでいいですよ」で、
全然動かなくなるほどにアゴがはずれちゃっていることが判明。
ところが、想定外にはずれ方がきびしかった。


同院の歯科医師が、アゴがはずれることを怖がると知っていたので
はじめは自席で鏡を見ながら整復に努めました。でもできなくて
洗面所で鏡を見ながら自分で整復しようとしたのですが
全く入りません。
しまいにスマホアゴの入れ方を検索して、見ながらやっていましたが
全然ダメ。
心配する歯科衛生士にのぞかれるし、背後に立たれるし、
「大丈夫ですか」と話しかけられるし、落ち着かないのです。
ご覧のとおり、全く大丈夫じゃありません。
コンナトキハソットシテホシイノ。

www.msdmanuals.com

あまりにアゴが戻らないので、歯科衛生士の勧めもあって
仕方なく歯科医師にお願いすることにしたのですが、
先生は、ほかの治療にかまけてなかなかお越しになりません。
やがて、両手にタオルをぶ厚く被せて登場。
私は狂犬ではありません、先生!

歯科医師
タオル越しに渾身の力でアゴを押さえつけてきて痛いのなんの。
ピアス、乳突リンパ節に刺さるから!
ていうか、セラミックピアス折れるからヤメテ!

「いや、本当はこれでできるはずなんだよ」

とおっしゃるので
「こんな苦しいやり方で整復されたことはありません!💢」
と言いたかったのですが、
なにせ私、しゃべられませんのでね(泣
なにやっとんねん、ごらぁ、ヤブ医者かい、われぇ
と、申し上げたかった、本当は。


もちろんそんなやり方で、はずれたアゴが戻るわけもなく。
それどころか、歯科医師、すぐまたほかの患者さんにかかってしまい、
こちらの現場に戻りません。
き、緊急性が高いと思うんだけども(脂汗。

なだめにかかる歯科衛生士さんに
「もういいでふ。自分れほはの病院に行きまふから」とおいとましようとすると
「もう一度だけ先生にお願いしてみましょう」と取りなす歯科衛生士さん。
しかし当の歯科医師はこちらを見て
「えー、だって本人がやられたくないと思ってるんだからしょうがないよ」
あたりまえです。自分の身は自分で護る!
「もう結構えふ。さよほなら」と、クリニックを後にしました。

 

エレベーターまで歯科衛生士さんが追ってきて詫びてくれました。
後続のために言いたいことは山ほどあるも
こちらにはしゃべる余力がありません。
エレベーターを待っている間、
「以前も患者さんのアゴがはずれたことがあって
そのときは整体の先生を呼んだんですけどね」
って、突っ込みたいこと満載ですが
おれ、アゴはずれているんでしゃべられないんですよぉ
(T_T)

まあ、黒いことを言わずに済んでよかったです。
不幸中の幸い。

 

そこそこ痛いので、フラフラでエレベーターに乗り込み、
周りの人に「だ、大丈夫ですか?」と心配していただきながら
「らいじょうぶれす」とうつむいたまま、次の動線を考えていました。
顎関節でお世話になっていた大学病院に駆け込むか、
恥をしのんで、アゴ入れ名人でもある上野の先生を頼るか、
まあこの顔を見たらどちらも対応してくれるだろう。
上野の先生なら5秒で整復できるはず。
痛みさえ我慢できれば、マスクで顔隠れているから…なんて考えながら、
それでも下向いてさすさすしていたらなぜか……
整復できました!!!
はずれてから30分近く経過していました。
もしかして最初からトイレにでも駆け込んで
じっくり落ち着いてゆっくり奥の手使えばできたのか(大汗
※パニックで奥の手を忘れていました。私としたことが。


とりあえず、担当歯科衛生士さんを安心させてあげなくちゃと思い、
エレベーターで再び歯医者さんに戻ると、
歯科衛生士のみなさんが目を丸くして私を見ていたので、
華麗に親指を立てて
アゴ、戻りました。もう大丈夫です。
ご心配をおかけしたので、ソレをお伝えしに参りました」

と言ったら
「よかった、こちらもお渡しするものがありまして」
と、受付に預けていた保険証を返却されました。月替わりでしたからね。
…最高にかっこ悪い。
ちなみに、この日の料金はお支払いいたしませんでした。
そして顎関節症の病院へ予約を入れました。


というわけで、もう潔く!?、河岸変えようと思います。
私の歯医者さんへのオーダーは
 ◎笑気ガス、静脈麻酔治療を両方対応できるところ
 ◎歯医者恐怖症のクランケに親切対応できること
 ◎我慢を強要しないこと
 ◎もちろん腕がよく、簡単には歯を抜かないこと
 ◎気長な歯周病治療
 ◎金属アレルギー対応
 ◎顎関節症対応
 ◎些細な愁訴にとりあってくれること

 

年内に次の歯医者さんを見つけましょっと。

【過去記事です。読み返して、この段階で河岸変えるべきだったのかとちょっと反省…】

55enkyorikaigo.hateblo.jp