高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

高齢母のADHD×認知症

夕方4時くらいのAlexa呼びかけが定着してきました。
一発でつながる確率も高まり、しめしめ。

明日はお友達の誕生日で
仲良し4人が集うと、ワクワクしている母。

4人でホテルのレストランで
お祝いランチするのだそうです。
いいなぁ。

「それじゃおしゃれしていかなくちゃね」と言うと
「そうね。髪をくるんと巻いて、
お化粧パタパタしてね」と楽しそうな母。
そういうことにストレスなくてちょっとうらやましいぞ。
ストレスなく女性性を楽しめる母はいいな。

 


鏡を見ながらパタパタする風の母です。

「お出かけはいいですね」と言うと
「そうね。二日に一回は出ないとね。
家でTVばかり見ていてもだめよね。
やっぱり刺激がないと!」

 

流せませんでした。
だって、二日に一回以上、出かけてますよね、母さん。バスに乗って。
「いや、母さんは、もう少し落ち着いて。
そんなにまちに出かけなくていいから」
と、思わず突っ込んでしまいました。

……しまった。マジレスつけちゃったわ。
まあいい。

 

母が毎日のように、バスに乗ってまちにでかけるからといって、
別に人様に迷惑をかけるわけでないからいいじゃないかという気持ちと
それ以上に
「また食品廃棄が大量に…」という残念至極な気持ちが強いです。
まちに行くたびに、母は結構な量の食料品を購入してくるからです。
そして買ったことも出かけたことも、さっぱり忘れてしまいます。
とはいえ、ヘルパーさんにお越しいただけることになったので
目を配っていただけるし、
危ないものは処分していただけるから大丈夫なのですが
……もったいない(涙


多動と認知症のミックスの、パワフルさよ。