高齢ADHD母の遠距離介護記録

90歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDで認知症、片耳ろうからの両難聴。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。いろいろあるけど、まあいい!

認知症母の失敗。後ろめたい申し送りをケアマネさんに

日課の、夕方Alexa呼びかけをしようと思ったら
私のEcho Show5の画面のリストに
「2階 おかあさんの部屋」デバイスが出てきません。

さっそくやりやがったな…。(失礼)
まあいい。

カメラをのぞいてみたら、やはりつながりません。

母(「おかあさん10」デバイス)と呼びかけがつながってから
「母さん、2階のアレクサのコードを抜きましたね。戻してください」
「だってあれ、夜中に光ってこわくて全然寝られなくなる」
「いいえ、光りません。今すぐコード差し込んできてください」
そのまま2階にあがってもらいました。

そのあとスマホのアレクサアプリで確認したら、
つながるにはつながりましたが、
母にカメラが動かされてしまい、
ベッドは見切れてしまいました😭
カマセをつけて、繊細な角度調整をしていたんですよね。まあいい。

さて、翌木曜日は朝一番からヘルパーさんが来訪されるので
その旨母に伝えました。
「お洗濯をお願いしてみたらどうですか?」
すんなり母に通りました。よかったです。

 

一方、ケアマネさんには、ヘルパーさんへの伝達事項として、
「洗濯していただくときに、下着が汚れていることがあるので
お手数ですが、念のため確認してから洗濯機をまわしていただけるとありがたいです」
と伝えました。先日の帰省時にちょっと気になったので。
「さっと手洗いしたら落ちる程度の軽いヨゴレです。
でも、そのまま洗濯機をまわすと残念な感じです。
本人が気づいていない便ヨゴレです。ごめんなさい」

「わかりました。共有をありがとうございます」
と明るく応えてくださるケアマネさん。
他人様に母の失敗をカミングアウトする、ちょっとした後ろめたさを
軽くしていただけました。感謝。