認知症母の遠距離介護記録

91歳独居の母は要介護1。認知症で高齢者のADHD、片耳ろうからの両難聴。眼底出血による視野狭窄と視力低下。そして腰椎圧迫骨折!! 東京~九州で、遠距離介護しています。執筆者は1965生の娘。いろいろあるけど、まあいい!

腹が立ったのでお昼ご飯はカップラーメン

昼12時。午前の仕事を終えて、
「さあ、お昼の支度」と気分は腕まくりで台所に行くと
母がレーズンサンドをむしゃむしゃしているところでした。


「あれほど『ご飯前におやつを食べないで』と言っているのに
どうして母さんはご飯の前にあれこれ食べるんですか💢
しかもそれ、今日のお三時のですから💢💢」

作っても母の胃袋に入るわけはなく、どうせ8割残されます。
直前に間食されたときはいつもそう。
しかも膵炎やっているので食べすぎ厳禁。

腹が立ちましたので
「食べない人にご飯をつくるのも馬鹿らしいので
今日のお昼はカップラーメン!💢」

我ながらとっさにいいことを思いつきました。
イザというときのために
ミニカップ麺を買い置きしていますが
こんなことでもなきゃ、すぐ賞味期限切れちゃうし、
ちょうどいいかも。

 

2枚目は私が食べた塩ラーメンです。にんじんのラペとカブの酢漬けとともに。

母、「これ、中はこんなになっているのね。
おいしい、おいしい」とまさかの完食。
食後も「いや~、おいしかったわ」と満足げ。

食後に、残りのレーズンサンドと、ハチミツ入りのローズヒップティを飲む母。

ほめられて
微妙なわたくしでございました。

まあいい。

そうね。このくらい割り切って切り盛りしちゃえばいいのか、
とも思いました。

次回帰省時はチキンラーメンとか、カップに入れるタイプのヤツ
揃えておこうかしら。