認知症母の遠距離介護記録

91歳独居の母は要介護1。認知症で高齢者のADHD、片耳ろうからの両難聴。眼底出血による視野狭窄と視力低下。そして腰椎圧迫骨折!! 東京~九州で、遠距離介護しています。執筆者は1965生の娘。いろいろあるけど、まあいい!

デイ用荷物を全部忘れてしまう_デイサービス10回目

金曜日は母が待ちに待ったデイサービス。
朝8時にお迎えが来るので、約束の6時半にモーニングAlexa呼びかけするも
しっかり支度を調え、朝のお勤めも、朝食も済ませた母が現れました。
どんだけ楽しみやねんw

7時半に見守りカメラモードのAlexaをのぞくと
ぽつねん…とお迎えを待つ母。

しかし、やらかしました(私が)。
今日のお迎えの方はいつもの方とは違うスタッフさん。
母は下駄箱の上にセットしていたデイバッグを、
持たずに出かけてしまいました。
スタッフさんも気づかない!

玄関の防犯カメラを身ながら東京自室で絶叫するわたくし。
「荷物を、わすれています~~~!!!」
見守り映像を見ながらデイに電話しましたが
早朝につき不在。仕方なく、留守電に荷物を忘れている旨とお詫びを伝えました。
しょぼーん。…まあいい。
ケアマネさんからは、「忘れてもなんとでもなるから大丈夫!」
とは言われていたものの。でもねぇ。
せっかくヘルパーさんが揃えてくださっているのにな。残念。
もちろん母は、忘れているなど全く気づかないことでしょう!w

 

帰宅後、デイスタッフさんからのレポートによると、
「貸し出し用上履きのサイズが合ったので、その上履きで1日過ごしていただきました」
とのことでした。ありがたい。お昼ご飯は全量完食。

そのほか
昼食の配膳、他利用者様のお席への案内を昼食後には下膳をお手伝いしてくださいました。
午後の運動後「茶摘みの歌」を歌っていただき、夕方のIADL訓練では鏡磨きを担当され、
洗面台の蛇口をピカピカに磨いてくださいました。
 お帰りの際に「また来週、お願いしますね」とお伝えしたら「はい」と笑顔で答えてくださいました。
いつも笑顔が素敵ですね。


恥ずかしながら、この日、IADL訓練を初めて知りました。
ググると、家事模様訓練的なことだそうですが、
デイサービスでそんなことをしていただけるのですね。
うちの洗面台の蛇口もピカピカにしてほしい!

大満足で帰ってきた母。
大満足ですがクタクタだそうで、19時半には熟睡しておりました。
朝も早かったしそりゃそうです。今週も大活躍、お疲れ様でした。