高齢ADHD母の遠距離介護記録

90歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDで認知症、片耳難聴からの両難聴。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。いろいろあるけど、まあいい!

90歳母のメリークリスマス

12/23金曜日。日課のAlexa呼びかけ。
つながると、画面の向こうで母がどなたかと電話しています。
母が「いやー、ないと困るの。…そうなの! よろしくお願いしますねッ」
と言って電話を切りました。何事かと尋ねると、
「クリスマスというのに、ご近所の皆さんにケーキを配るのを忘れていた。
いま慌ててコンビニに電話して、
明日の朝取りに行くから取っといてとお願いしているところ」と、母。

 

そ、そうか。
今年もコンビニのケーキを配るんですね、母さん。
コンビニスイーツがいけないわけじゃないんです。
いえ、むしろおいしいし、私は大好きだけど、
配り物にはどうなんでしょう(汗
お隣さんは舌が肥えて、有名スーツを食べ慣れていらっしゃる方だし、
お向かいは糖質制限されているアスリート系夫さん…。
…まあいい。
申し訳ない気持ちですが、
受けとめてくださる、みなさんのやさしさに甘えたいと思います。


と、Alexaで通話中に、再び実家に電話がかかってきました。
どうやら電話の向こうで、コンビニスタッフの方がご親切に
「手配できるから、明日ケーキを必要個数キープしておきます」
とおっしゃっている模様です。

しかも、ケーキは
生クリーム×生クリーム、チョコレート×生クリームの2種類あるらしく、
どっちがいいかを母に聞いてくださっているようです。
「ええーっ、わからないなあ。
あなたがもらってうれしいほうにします。どっち?」

 
青いコンビニのサイトから画像を拝借しました。おそらくこの選択で悩んでいるようです。

…コンビニのスタッフさんも、きっとものすごくお困りだろうな…
ごめんなさい。

母はとてもよくしていただいて、結局
土曜のクリスマスイブの朝に、最寄りの青いコンビニで
キープしていただいたプレゼント用ケーキを5組ゲット。
そのあとで、無事スムーズにみなさんに配ることができたらしく、
夕方日課Alexaしたときは上機嫌でした。
ご近所のみなさん、母におつきあいくださり、ホント感謝です😭


うっかりしたことに、
今年は自分の気持ちがざわついていたせいか、
母へのクリスマスプレゼントを送り損ねてしまいました。
ということに気がついたのが前日の23日。
ヤバイでつ。


…その夜、実家の百貨店系ネットスーパーで、
イブの夕方到着で、簡単なスイーツを手配しました。
「ほんのちょっと、気持ちだけ、甘いものを送ったから
召し上がってくださいね」
と言うと、母喜んでいました。

…ギリギリセーフ!!!!!

ネットスーパーの恩恵をひしひしと感じました。 
実家の場合、Amazonより小回りがきき、早いです。

商品画像は利用したネットスーパーの商品画像から拝借。これらを届けてもらいました。

18時頃「届いた!!」と興奮して大喜びの母から
電話がありました。
「いろいろ入っていて楽しいねぇ。明日も食べられる、うれしい!!」
よかった。作戦は成功です。


しかし、その1時間後また電話があって
「もらったものがどこ探してもないんだけど
フクはいったい何をくれたの!?」

 

なくなるは、忘却の彼方だわ、さんざんでしたが
「フクが送ってくれた」だけは覚えていてくれたので
これはこれで成功と考えてもいいのかもしれないと感じました。
…まあいい。