高齢ADHD母の遠距離介護記録

90歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDで認知症、片耳ろうからの両難聴。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。いろいろあるけど、まあいい!

暑さで母の多動が収束気味


日課の、夕方Alexa呼びかけ。
「今日は日曜日なので、お弁当が来ますよ」
と伝えると、「あらそう。今日は来るの?」というリアクションでした。

母の猛反対を押し切って、暑さに弱い私自身のために
キッチンにつけたエアコンが
2年経って大活躍しています。

【過去記事です。2年前のことです】

ダイニングで過ごすことの多い母は
結局このエアコンを使うことがいちばん多いみたい。
「(リビングの)エアコンつけてくださいよ」と言うと、
いつも「台所をつけてるから大丈夫」と言います。
たぶん、リモコンがシンプルで、母が使いやすいというのもありそうです。
※母が操作できているのは帰省時に確認済み。

「足がなまるから歩きに出たいけど、日が暮れてから出ようと思う。
日差しがあるときは、長袖じゃないとダメね。肌が痛いから」と母。
そういえば、幼い頃、真夏に庭の草むしりをするときに
暑い中を、いつも母に、
長袖を着せられてしんどかったことをふと思い出します。
あれが正しかったんだなぁと、納得したのはずっと大人になってから。
もう少し薄手の長袖のほうがラクだと思うんですけどね。
まあいい。

 

それでも最近の猛暑で、
多動な母のデパートへのお出かけが収束しています。
判断ができているんだと思うとうれしい。

以下は過去記事です。
2年前(2021年)、キッチンのエアコンを相談した方が
素晴らしい営業担当さんで、きめ細やかに対応してくださいまして
勧めてもらったとおり、ダイニングで使用することを見越して
10畳タイプを選んで大正解でした。
それにしても、こんなに条件を出してよくやってくださったな…と
今更ながら思います。先に相談するのは大事ですね。

8月から、ブログの更新頻度を変える予定です。
アップしない日も、母娘ともに元気です😀