認知症母の遠距離介護記録

91歳独居の母は要介護1。認知症で高齢者のADHD、片耳ろうからの両難聴。眼底出血による視野狭窄と視力低下。そして腰椎圧迫骨折!! 東京~九州で、遠距離介護しています。執筆者は1965生の娘。いろいろあるけど、まあいい!

作戦成功。週2のデイサービスデビューできました

月曜日は朝から訪問介護。ヘルパーさんを介して
母を週2でデイへごきげんに送り出す作戦は、見事成功。
母が、火曜日(本日)に、朝から、デイサービスに行くことを快諾しました。
本人は「ボランティアに行く」と張りきっていますし、
【週2回になったこと】は今ひとつ理解ができていませんがまあいい!
小躍りするわたくしです。

受け入れてくださるデイサービス側ともお話でき、お迎えの際には、
荷物をピックアップしてくださることがまとまりました。
ありがたい限りです。
母ヨシ、先方ヨシ、私ヨシ、三方ヨシでOK!のはずでしたが
夜8時過ぎ、ご近所さんから私の携帯に電話が。

「エアコンにオレンジランプが点灯し
様子がおかしいから来てと呼ばれ、
今お母さんの部屋に来ています」とご近所夫さん。
ギャフン。
母部屋のエアコンは遠隔操作できず、東京から手出しができません…

実家側でコンセントの抜き差しをしてもらいましたが
うまくいかずにランプは点滅したまま。
その場で軽くウェブ検索したら、たぶんお掃除モードだと思うんですが
「そのまま待って」が母には伝わらず
「こんなこわいことはない。明日は朝からボランティアで
私は忙しいのよ!! こんなの寝られない、困る。
もう泣く!!💢💢💢」とテンパって超絶不穏に。

仕方なくご近所夫さんに、エアコンのコンセントを抜いてもらい
冷風を隣室のリビングエアコンから取ることにしました。
ドアを開けると、うまく風が入る造りなので、そこは安心です。
一件落着で、ようやく母を眠りの森に送り出すことができました。

結果、ご近所夫さんには9時頃までお手を煩わせてしまいました。
母の「ボランティアに行く」発言に「???」のお顔だったので
「デイサービスをボランティアだと思っています」と伝えると
「!!♪♪」で楽しそうに笑ってくださいました。
ご近所夫さんは母とのつきあいも長く、長年のボランティア仲間でもあり、私も安心して甘えさせていただける方です。公式にも、独居高齢者である母の、連絡先となる方なのです。
それにしても、今回も前回も、隣家じゃなくて、
しっかりご近所さんまで行ってくれて、デカした母さん!!
隣家でなければ、トラブルにならずにすみます!!

 

いつもに比べると、結構睡眠不足気味になってしまったので
どうかしらと思いつつ、
朝6時30分にAlexa呼びかけでモーニングコールしたらまだ寝ていて
デイのことは忘れていました。伝えると
「今日は行きたくない」。想定内です。睡眠不足だしね。
「行ったらきっとものすごく楽しくなりますよ」と言うと
「リンゴの唄」を歌い出ながら明るく起き出しました。ヨシ。

荷物もデイスタッフさんがピックアップしてくださって。
おかげさまで、なんとか、週2デイサービス、デビューできました。