高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

帰京前に実家の冬支度

今年の母は、「寒い」と感じてから、
それに合わせた服を重ねたり
暖房をつけたりすることが、少しずつ緩慢になってきた印象があります。
そのこと自体はしょうがありません。
少しでも暖かく快適に過ごせたらいいのですが。

デロンギもガスストーブも電気ストーブもこたつも出しました。
「まだいらないよ、暑いから」と言う母に
「次、私が来るまでの1カ月間に寒くなっちゃうから、安心のためね」と言うと
「そうね。そうしたら安心ね」と母にっこり。
本当は、今朝も、スイッチ入れた電気座布団に座り、
電気ストーブをオンしているところで
母はぬくぬく朝食をとっていたのですが。


家電量販店のレジ横に、マグネットで挟み込むタイプのくまモンが売ってあり
家電店の名前も入った販促品なんでしょう、1セットで50円でした。わお。
母が喜ぶだろうなと思い買って帰ると、案の定、大喜びです。
変顔やめてください…

f:id:huku1910:20201019001658p:plain

f:id:huku1910:20201019001825j:plain

いつも使っている鞄の表裏に、なぜかふたつつけて喜んでいます。
そして服にも。
翌朝には別の服にもちゃんとついていました。

f:id:huku1910:20201019001941j:plain

別日ですが、やはり唱歌絶唱しています。襟ぐりにくまモン
インナー用のユニクロダウンをカーディガン代わりに。


介護帰省の1週間は、アッという間です。
この1週間分もファイルに収めて、母が思い返せるようにしておきました。
はじめは母のためでしたが、自分の覚え書きとしても優秀かも。

f:id:huku1910:20201019003302p:plain
f:id:huku1910:20201019002800p:plain