高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

歯茎のおできをあなどるな サイナストラクト(フィステル)

f:id:huku1910:20201218235246j:plain

いらすとやさんの画像に、おでき(フィステル)描き足させていただきました。私が長年苦しめられたフィステルの初期半年は、巨大なニキビみたいな感じでした。

歯茎にぷっくり、ウミが溜まることはありませんか。
最近ではサイナストラクトとか、フィステルとか言うそうです。
高齢者のお口の中にも、見つかることがあるそう。
「歯茎にニキビ!?」を見つけたら
痛みはさほどなくとも、あなどってはいけません。
すぐ歯科医を受診されたほうがいいと思います。
歯の根元の病巣が原因だからです。

若き日の私の失敗談です。
「噛みしめ」が原因だったのか、どうだか。
ぎゅっと噛みしめはじめて2年後、私が高校2年生のとき、それは突然始まりました。

【噛みしめについての一昨日の記事です】

 【以下、私の過ち、絶対やってはいけなかったこと】
※ややグロテスクな表現があるので、弱い方は進まないでください。

不意に左下奥歯6番の頬側の歯茎に
ウミが小豆大に溜まり、腫れるようになりました。
当時、すでにクラウン(銀色の被せ物)でした。

私は高2で下宿暮らし、歯医者にかかるお金もなければ
歯茎の症状で歯医者に行くなど思い及びませんでした。

大きなニキビみたいだし、
爪楊枝など鋭利なもので突いてウミを出していました。
ホントに軽く突くだけで、プッと破れてウミと血が出ます。
別に痛くないし。
しかし、翌朝にはまた同じ状態になっていました。


半年ばかり続けましたが、いい加減毎日やるのに嫌気がさし、
意を決して患部を掘ることに。

炎で縫い針の先を消毒し、オキシドールで拭き上げてから、
いつものデキモノを潰しながら、ふやけた皮膚を少しずつ毛抜きで除去し
ウミの元まで掘っていったのです。
最後に「とれた」と思う所までピンセットで掘ると、
腫れていたデキモノがすっかりえぐれた状態になりました。
勝者の気分です!
翌日からまったくウミが出なくなり、二度と悩まされなくなりました。


そのことはすっかり忘れて2年後の大学時代、
突然、その歯に猛烈な痛みに襲われることになりました。
痛み止めなんて何錠飲もうとまったく効かない痛みです。
すべては、過去の誤った自己処置(上)が原因です。


歯科では当時「歯齦炎(しぎんえん)」と診断されました。
もう腫れていなかったので、そこからの根治治療がたいへん。
1本の歯に半年かかることになりました。
最近は「サイナスクラクト(フィステル)」というそうです。
絶対自分でつぶすなどせず、すぐ歯科医を受診してください。


つぶしていたら、後日エライ目に…_| ̄|○
抜歯、なんてことも起こりえます。でも
早めの治療なら間に合います。