高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

遠距離介護はWi-Fiから

夕方6時前に日課のアレクサ呼びかけするも
母は不在の模様。

あとでリトライすることにして、急ぎの用事を外で済ませてきました。
帰りがけに、スマホに母から着信あり。
出ても無言ですぐに切れます。
しばらくするとまたかかってきてすぐに切れ…の繰り返しです。
「もしもーし、母さん!?」だんだん声がデカくなります。

f:id:huku1910:20220201224850p:plain

いろいろ悪い妄想をしてしまう自分に苦笑しました。

ようやくつながったら「なんにも聞こえないから、何度もかけ直した」とのこと。
ご無事でなにより。難聴ゆえの鬼電でした。
お友達に電話するときは大丈夫なのかな? 少し気になりました。

「今日は顔は見られないねえ」と、画像がないのが少し寂しそう。
  ※外で、4Gでアレクサアプリつなぐのがちょっと気が引けまして。
    そう。データ量けっこう食っちゃうので、おうちのWi-Fiまでガマンしていたのです。
ふつうに「じゃあまた明日ね」と電話を切りましたが
帰宅してからあらためてEchoShow5から呼びかけました。
私も顔が見たいのです、母さん。

 

あらためてビデオ通話はいいな。
…遠距離介護はまずWi-Fi環境を整えることからですな。
互いのQOLが上がります。

f:id:huku1910:20220201225522j:plain

肩がちょっと上がって寒そうだったので、「暖かくしてね」を伝えるのと同時に
「体が縮こまっちゃって背中が痛くならないように、はい肩動かして~、体操しましょう~!」
と呼びかけて、その場で軽く動いてもらいました。
ふたりで一緒になにかやってる感がいいです。

f:id:huku1910:20220201225640j:plain f:id:huku1910:20220201225647j:plain

1枚目:なんだか「山羊の頭のスープ」のジャケットみたい(違  2枚目:今度は手の動きが速っ!

顔を見るとやっぱり安心です。
ただ、見えることに安心して、繊細な観察を怠らないようにしないとな。
「考えるな。感じろ」。

 

ところで、全然関係ありませんが、ジャケ買いしたアイスがとてもおいしかったのです。
セブン限定の「しましまうまうまバー」(森永製菓)。
中身を見た瞬間、
「え~、とろろがくっついてるみたいw」…とナメてかかったらとんでもない!
中まですごくしっかりチョコレート。驚きのクオリティでした。
ざっくり言うと、サンデーカップのしましまのところだけが、アイスバーになった感じ。
リピ決定です。
母に食べさせたら喜ぶだろうなぁ。
f:id:huku1910:20220201231159j:plain

www.sej.co.jp

www.morinaga.co.jp