高齢ADHD母の遠距離介護記録

88歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

難聴

母に対する言葉遣いが悪い!?

3月に帰省した折、1週間のうち中3日間は兄も一緒でした。 実家で兄に、「キミはよくやってくれているけど、それにしても、キミはものすごく口が悪いよねえ(しみじみ)。僕が母さんなら、アタマをパンとはたくところだけどふつうにしている母さんはえらいよ…

アレクサの音量、100

隣の部屋で「明日は生協さんがくるよ」とアレクサのリマインドが。「きゃー、脅かさないで!!」と、母が叫んでいますアレクサの音量 100です…。 驚かせてしまうこともありますが、少し離れているとすぐ聞こえなくなっちゃう母。いつも私がアレクサコールす…

耳鳴り 頭内爆発症候群

母は幼い頃に後天的に片耳の鼓膜を失っているせいもあるのか、若い頃からしょっちゅう耳鳴りを訴えていました。耳の中で蝉がガンガンに鳴り響くそうです。耳鼻科の医師に愁訴を伝えるも「その耳鳴りは治らない」。幸いなことに、最近は以前ほど耳鳴りに苦し…

アレクサな日常 echoshow実践の日々

昨年、迷惑電話防止機能をオンにしたら電話の電話帳にほぼ誰も入れていないものだから呼び出し音がどれも不安感をあおる警告音になってしまいました。軽やかな「森のくまさん」音は、兄と私からの着信だけかもしれません…汗。とりあえず、迷惑・詐欺電話の類…

高齢母から娘へのクレーム!?

私に聞かせたかったのか、メモを取って置いていました、母。 昼食の片付けをしていたら、急に母が「ねぇ、いとまなき世にはたつともたらちねの親につかふる道な忘れそって、意味分かる?」と、私に聞いてきました。「え…。『忙しい忙しい言うて、親のことほ…

ご近所さんへのご挨拶をブラッシュアップ

夜明け前のマジックアワー。いつもと同じ朝6時半の始発飛行機で、この景色が見られるのですからやっぱり真冬はいいなぁ。 九州に戻りました。自分のスモックをかぶり、スズと笛を首からぶら下げたら、気持ちが引き締まりました。 しかし、私が首から提げてい…

難聴&軽度認知症対策 電気ケトルとポット

T-falと迷いに迷って、蒸気レスと安全設計が決めてとなり、こちらにしました。製品のこと教えていただいてありがとうございました(写真は製品サイトから拝借してきました…購入したからゆるして) 日課のアレクサトークで。今月誕生月の母、「仲良しのお友達…

echo showで高齢母とティータイム

日課アレクサで。「つながった!」と思ったら母が画面からいなくなり、「???」。ややあって、「なんだフクだったの! お客さんだと思って玄関に出たら誰もいないから」と、母が笑いながら現れました。別に、アレクサコール音は、インターホンとは全く似て…

難聴母の私に対する悲鳴を“スズ”で改善

どうしようもないとわかってはいても、どうしても苦手なものはあって、私の場合は母の悲鳴を聞くのがとてもイヤです。まだ慣れません、全く慣れない。 ただでさえ、HSPのために驚きやすく、大きな音が突然鳴ると、フリーズしてしまうのに。目の前で、私に対…

認知症と火の用心

昼ごはんの仕度をしようと台所に行くと水蒸気がモワモワ。母が、ヤカンをガスの火にかけたのを忘れていたのです。当の本人は、すぐそばの食卓で、自分の作業に熱中…。「ちょっと母さん、やかんを火にかけっぱなし!!」と言うと「え!? あれ、あ!!(よう…

亡猫の恩返し

「今日は誕生日だから、半日は人のために時間使おうと畑の野菜を親戚や職場の方に配りました」 仲のいい友人が誕生日だったのでお祝いをメールしたら、こんな返事が来ました。尊い。尊すぎる。愛の人だ。素晴らしいものに触れてすっかり高揚したわたくし。彼…

離陸時の“耳キーン”で鼓膜が破れたことがあります

離陸時の高度が変わるときの気圧の変化で耳が痛くなるという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。私も苦手です。どんなに頑張っても耳抜きすることができず、離陸時と着陸時は、必死にアメを舐めるようにしています。 かれこれ30年近く前のこと。…

高齢者へのヒアリングハラスメント

Twitterのタイムラインに「ヒアリングハラスメント」という言葉が流れてきました。ヒアリングハラスメントとは「聴覚障害者や難聴者に対して無意識に行われてしまっているハラスメント」だそうです。初めて聞く言葉でしたが、わかりすぎてつらい…。 母も軽度…

難聴母と【echo show 5】だけで通話できるようにまた進歩♪

スマホに入れたアレクサアプリでこちらからその都度、実家デバイスのボリュームを調整しながら電話なし、【echo show 5】のみの通話ができるようになってきました。「大きい!」「聞こえない!」「はい、このくらい♡」を毎回やっています。 アレクサアプリ ⇒…

高齢母の被害妄想

夕方の日課電話。今日は外からで、顔の見えないふつうの“電話”でしたが「もしもし」の声で、母の異常をキャッチしました。…介護者のこの特殊能力に名前をつけたい。 聞けば、母が、百貨店の物産展で買ってきたおいしい果物を、お隣さんへ庭の垣根越しに差し…

帰省していることを忘れられるのもアベレージです

実家に帰省した折、家事をしていない間は私、自室にこもり(奥の座敷を使わせてもらっています)、ひたすら仕事をしています。 部屋のドアを締めていると、母が「開けておいて!」と言うので最初は「???」だったのです。室内の冷房や暖房効率が悪くなるし…

「ここんち、ヤベー」を目指したらしい

10月の介護帰省。実家玄関を入ると「警察」の文字が飛び込んで来ました。下に通報先の電話番号、そのほか110番も見て取れます。「これ見たら『ここんち、ヤベー』と思うかもしれないから」だそうです。数日前も相当警戒していたんですよね…。 そのまま台所に…

高齢親への失敗家電 エアコン設置の大失敗

従来品をはずす作業員さん。この時点ではまだ余裕だったのです…。 9月の介護帰省時に実家エアコンを新調しました。いつもならジャパネットで依頼するところを、決めきらずにいたら、ある日を境に納品日がガタッとずれ込んでしまい(オーダーが遅れた私が悪い…

聞こえの悪い母とのアレクサ通話音量問題を解決

【echo show5】の隣に電話機を置いています。あ、ハズキルーペ…。あと、白い円筒の「テルボ」のドア振動センサーはやはりいいです。よい距離感で母の生活スタイルがわかります。 夕方の日課電話は、echo showを通じて行うのが常となりました。画像付きだとい…

補聴器の購入費用給付申請ができなかった件

2年前に無事、母の身体障害者手帳(6級)をいただいて、補聴器つくるときには給付金をいただける運びとなりました。ありがたいことに、こちらの負担は1割程度です。なんて便利なんでしょう。 なのに。これまでに二度、補聴器を作る機会がありましたが一度も…

だいじだいじ補聴器

母が補聴器デビューして20年くらいになります。補聴器は、母にとって何よりも大事なものです。救急で病院に運ばれたときも補聴器だけは肌身離さず持ち、気にしていました。 気の毒に感じたのは、以前、久し振りに帰省したときのこと。私と入浴するときも補聴…

高齢母との共同生活 ゆずれない音問題

基本的に私(娘)は、こうしたいと思うことはあの手この手を尽くして欲しい結果を得るまで粘るタイプです。本気でイヤと思うことは我慢しない。我慢の前に解消を試みるタイプだと思います。 さほどたいそうなことではないですが。たとえば実家でトイレタイム…

聴覚障害の身体障害者手帳を発行する

高校卒業後、母の夢その1は看護師さんになることでした。ところが面接のときに、面接官から片耳の聞こえについて確認され、その場で泣き崩れてしまった母。「それで落ちちゃった。今だったら、聞こえないからできることがあると胸を張って言い返せるんだけ…

仁義なきコバエとの戦い 介護帰省編 ※コバエ画像閲覧注意

夏は害虫がキツい…と何度か書きました。この温度と湿度に誘われて、気を抜くと結構出てきて、増えます。私が東京にいる3週間の間に、実家はなかなかシュールな状態になります。とくにキッチンがひどい。 実家がきたないと嘆いている方、大丈夫ですよ~。うち…

高齢親の“聞こえ”に配慮する

先日兄が帰省してきた折のこと。揃って朝食を食べているとき、兄が母に向かって熱心に世間話をしていました。母はニコニコして食べています。…あれ??? ちょっと気になったので、途中、「兄さん、今の話は母さんには8割聞こえないと思うよ」と私が兄に伝え…

対話ロボット「テルボ」初日にして断念…

ひと目見た瞬間に、母のハートをわしづかみにした対話ロボット「テルボ」。クマのぬいぐるみの中にSIM搭載の筒型コンピュータが入っています。メーカーに無理を言って、なんとか私が九州にいる間に納品していただくことができました。 Twitterで情報を教えて…

念願の振動体温計を買いました! 難聴者安心の電子体温計

振動体温計が届きました。検温が終わると、音とともにバイブでも知らせてくれます。さっそく母に試したところ、なんと母ひとりで検温できました!検温終了が母にもわかる電子体温計、初めてです。ちょっと感動。しかもアタッチメントがついていて、検温しや…