高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

介護の基本「相手をよく見ること」

f:id:huku1910:20200421161243j:plain

段差解消に置いた踏み台。
玄関は常時靴だらけ。家族がたくさんいる演出なのだそうです…

 

異変にできるだけ早く気づいてあげる。
そのためには日々しっかり観察しておくこと。
観察の基本は、相手をよく見る、これに尽きる。
ご飯の食べ方、食欲、呼吸の様子、活動の様子、排泄、
とにかく見る。必ず気づきがある…」

これは、金魚屋さんのお兄さんに、金魚を健康に飼うコツとして
教えていただいたこと。
私は母に対しても、この教えを基本にしています。

母の様子を、全身全霊で観察しつつ、
体調、不調、不具合、痛いところ、不便を感じているところ、
ゴキゲン具合などをすくい取っていきます。
会うときはもちろん、気をつけていれば電話でも「もしもし」の第一声で
そのときのコンディションくらいはわかります。

風の谷のナウシカ』で、
王蟲が触手を伸ばしてナウシカをスキャンするシーンがあります。
あんな感じに似ています。

母の歩き方を見ていて、「そうか膝がつらいのか」とこちらが気づきます。
どうやら玄関にあがるとき、なにかにつかまりたいらしい。
「ああ、段差がきついんだな」ということで、
段差を小さくする踏み出しと手すりを購入しました。
セットしたときには、「こんなの無駄遣い! いらないわよ」なんて言っていましたが
「お友達に上がっていただくときも、このほうがラクよ」と言うと
すんなり受け入れはじめ、今では
「おかげで本当に上がるのがラクになった」と言っています。

言語化しない、できない不都合も、できればすくいとってあげたい。
と思って臨んでいますが、どこまで痒いところに手が届いているのやら。

玄関にはこういうタイプを。
介護保険で、生活環境を整えるサービスとしてレンタルするのも
このタイプなんだそうです。


居間から庭へ降りるところには、これを2つ置きました。
とにかく重くて頑丈なので安定感があります。ホントは手すりもつけてあげたい…
次の課題です。