高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

カオスな実家リビング エアコンチョイスの失敗

 f:id:huku1910:20210224234425j:plain
ルーバーがオーバーアクション…。がっつり開くので母が不穏に_| ̄|○


昨年9月に実家リビング用に購入した、Wi-Fi付き・遠隔操作ができるエアコン。

スイッチを入れなくても、毎朝いちばんに、人感をキャッチすると、

「おはようございます。今日の天気は…」など話しかけてきます。

グッとくるほど健気です。

しかし、母には一切聞こえない模様です。

f:id:huku1910:20210224234631j:plain

一方同じリビングにあるテルボさん。

2階の母の部屋の扉につけた振動センサが作動して、

びっくりするくらいのボリュームで

「おかあさん、おはよう」と言います。

しかし、間が悪い。

ゆっくり階段を下りてくる

母に間に合ったことは一度もありません。

 

そのリビングに、アレクサ(Echo Show5)も同居しています。

母がいるときに音量100で突然リマインダを始めて

「きゃーー!!」と母が悲鳴を上げることもしばしば。

三者三様、なかなかカオスなリビングです。

 

 新調したエアコンは、残念ながら失敗を認めざるを得ません。

掃除がラクで長く使えるようにと、自動お掃除機能が付いた機種を購入しましたが

今のところはことごとく裏目に出ています。

 

失敗1)

母には自動お掃除機能はないほうがよかった。

自動お掃除機能は、スイッチを切った後から20分程度、

通電してお掃除してくれます。

母には「スイッチ切ったのにつく。おかしい」と不安なことになります。

想定外だったなぁ。

「スイッチが切れない」と、高所にあるコンセントを抜かれることが増えました。

母さん、イスによじのぼって高所のコンセントを抜くのはやめてください…。

 

失敗2)

ルーバーの可動域を確認しておくべきでした。

アクションが大きく、母のためにこっそりつけておくということができかねます。

イヤでも視界に入ってしまうんですよね。

ちょっと合体ロボットみたい。

 

失敗3)

Wi-Fi付きエアコンにこだわらなくてよかった。

スマートプラグで接続して、遠隔操作する手もありました。

 

 

失敗4)

ややお高いかもですが、妥協せずダイキンのほうが安心だったかな。

 
なにごとも学びです。…まあいい。

 

ちなみに、以前の古いエアコンはこんなルーバーでした。普通はこの程度だよな…。

f:id:huku1910:20210224235534j:plain

55enkyorikaigo.hateblo.jp