高齢ADHD母の遠距離介護記録

88歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

ドラキュラ的な高齢母

まだ若い時分から、ウチの母は大変な倹約家でして。
私が幼い頃から、冷蔵庫の開け閉めは、電気代がもったいないとたしなめられました。
冷蔵庫ドアを開ける角度まで指摘。
電気代が上がるから、冷気が逃げないように短時間でを徹底されました。
開けたまま何か探そうものなら
「なに開けっぱなしにしているの、もったいない!」と、ドヤされる始末です。
母娘ふたりで並んで歩いているとき、私がスキップすると、
「スキップは靴底が減る!」と耳打ちされました。
偉大な倹約家です。

f:id:huku1910:20210727170324j:plain

東京自宅の天井を撮ってみました。実家も似たようなものだと思います。

照明もなかなかつけません。
「母はドケチ」という概念が私の頭にはあるので、
実家に帰省したときに、
日が暮れる頃になっても、雨の日や冬の早朝に部屋が暗くても、
母が部屋の灯りをなかなかつけないのは、
ドケチ由来のものだとずっと思っていました。
ですから、遠慮して私も電気はつけませんでした。


誰も居ない部屋でテレビだけが付いているので、「消さなくちゃ」とのぞいたら、
暗がりで母がかぶりつきでテレビを見ていることもあります。


日がかげったり、沈みかけたり、
結構な暗さでも、平気で新聞や本を開く母。
いくらなんでもと思い、「目に悪いので灯りをつけてください」
部屋の灯りを私がつけると、
決まって「眩しいっ!」と非難されます。
ドラキュラか!?
そのまま私がフェイドアウトして、また戻ってくると、
元通り暗くされていることもしょっちゅうです。


かたや、私は灯りをつけたがります。
照度が落ちるとあからさまに手元が見えなくなるからです。
仕事率がガタッとさがってしまいます。
母に遠慮して灯りをつけずにいましたが、ここ最近は
暗いと感じたらさっさとつけるようにしています。つけて怒られちゃえ。


夜の灯火も、母は全灯つけて、あかあかするのを毛嫌いします。
少し前に眼科は受診したし、
「眩しがる」は目の病気ではないとは思いますが…ないことを祈ります。
一方、ADHDにも視覚過敏や眩しがるということがあるらしいです。
日傘はどんなときでも徹底してさすし、60代では色つきメガネだったし、
もしかするとそういうこともあるのか!?
という可能性は頭の隅に置きつつ、深追いはしないことにします。
※母のことで、深追いしないと決めていることは結構あるのです。今度まとめて考察します。


私自身は明るい空間は好きですが、
落ち着いた間接照明で過ごすのも本当は好きです。
ただ、仕事も家事も、手元が見える状態で、正確にさっさと済ませたいから、
ゆったり過ごせるゆとりの時間じゃないと間接照明は難しいかな。

f:id:huku1910:20210727170539j:plain

東京の真夏は、
朝からブラインドを降ろして過ごしています。
眩しいし、照り返しを除けて少しでも涼しく過ごすためです。
朝ブラインドを降ろすと、ちょっとリゾートみたいで気分があがります。
すぐ現実に引き戻されますが。


実家のダイニングとリビングは調光付きの蛍光灯を使っています。調光しやすく母もお気に入り(店頭で購入したので、下は似たタイプです)。