高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

新月なので新たな習慣をスタート

f:id:huku1910:20220302223858j:plain

近所の神社さんの境内の梅がほころびかけています。春じゃ春じゃ。

水曜日の、日課のアレクサ呼びかけ。
ひなまつりを前に、
おひな様から「ひなちらしと桜餅」を所望されたそうで
バスに乗ってまちまで買い物に行ったそうです、母。
「—そうですか、よかったですね」。言いました、言えました)

桜餅は5つ買って、家中の神仏お祀りしている前に
すべてラップをかけてお供えしたそうです。
「いいひな祭りになりそうですね」と言うと
「何人いても、ひとりでも、ひな祭りは楽しくしないとね」と母。

ほんの少し前までは、ボランティアメンバーと一緒に高齢者施設を訪問して、
その場にいらっしゃる高齢者のみなさんと一緒に
ひな祭りの歌を歌って踊ってしていたから思い出すのでしょう。
いまだに母の衣装部屋には、歌詞を書いた模造紙がたくさんあります。
そっと少しずつ処分しようかと思います。
もののない安全空間を増やしたい。


ひな祭り本番は、母はおひな様の前で踊るのですが、
いわく、おひな様も一緒に踊ることになっているそうです。
「フクも、あした昼12時には、自分のおひな様の前で歌いなさいよ」
と仰せつかりました。
忘れなければ、3日の昼前に、アレクサで呼びかけてみることにします。

 

今年は3月3日が、如月朔日。新月です。
この新月から、ほんの小さな目標を実現していくことにしました。
今回は2つ。
ひとつは、日々白い服を着てみることにしました。
日常のユニフォーム(家着)を白にする。人生初です、上下白。
もうひとつは、アプリで母日記をつけることにしました。
母がどこに行った、どこが痛いと言っている、ごきげんなど、ほんの些細な記録です。
移動時間にちゃちゃっとできるくらいの、アプリ管理がいちばんやりやすそうなので。
遠距離介護日記です。
10年日記ですって。10年続くといいです(10年後、母は99歳。元気で頑張っていてほしいものです)。
次の新月には新しい私になっている予定ですw。

f:id:huku1910:20220302224416p:plain  f:id:huku1910:20220302224438p:plain  f:id:huku1910:20220302224508p:plainひなまつりの

「10年日記」はこんな感じの無料アプリ(有料部分もあるようです)。