高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

高齢母、電話のかけ方がわからない、かけたかどうかがわからない

朝8時、母から夫の携帯に
「わたし! わかる!?」と着信がありました。
「もちろんわかりますよ」(「おかあさん」と画面に出ますからね)
「フクはいますか?」
「いますけどトレイに入っているので出てきたらかけ直しますね」

ラッキーなことにこの日は夫の定休日でした。
_| ̄|○


ことの次第を報告してくれ、
「おかあさん、大丈夫!?」と訊く夫に
「大丈夫だけどダイジョバないわよ💢」。
とっさに当たってしまいました。夫、ごめん。


アレクサ呼びかけで母につなぐと
「お兄ちゃんが今日誕生日だから電話かけたいんだけど
どうやってかければいいの? 電話番号何番??」


いやいや、そうじゃありません!
母はメモした電話番号が次々にわからなくなるため、
電話のメモリー機能を使い、
ワップッシュでかけられるようにしていたのですが(兄は「1」番)
そういうのが全部わからなくなっちゃったらしいです。

今後に生かすために、なぜ夫にかけたのかを知りたかったのですが
「フクにかけたつもりだったけど夫ちゃんだったのよ💢」
と逆ギレされました。
まあいい。


「お兄ちゃんにお祝いは1月にあげたからもういいよね」と尋ねるので
「この間、兄さんが帰省してきたときに、
母さんは兄さんにお祝いをあげているから大丈夫です」

「この間??? 1月でしょう」
「ホラ私もいた2週間くらい前かな」
「?????💢💢💢」
どうどう。どうどう。……まあいい。

画面越しにアナウンスしながら
母が無事に電話番号を回せたようなのを動作確認し
母が「もう大丈夫」とゼスチャーするのを見てから通信を切りました。


母は、いろいろわからなくなって混乱していますが、
核には兄の誕生日を祝いたい気持ちだけがあり、ちょっとせつなかったです。
デモ、朝8時に兄に電話しても、きっと兄に迷惑がられるだけなのにな💦
ううむ…まあいい。


兄におめでとうメールをすると同時に、母から電話がいってなかったら、コールバックしてほしい旨伝えました。
兄から返信があり、明け方、父と大げんかしている夢を見たそうです。夢の中で父を蹴ったら、隣に寝ていた妻さんを蹴ってしまったそうでw。きっと父、色々気がかりで兄を見にきたんだなと思いました。

私が幼い頃、父と兄は結構やりあっていました。とくに私が小3くらいの頃は、つかみ合いのケンカに発展することがありました。たまに血も流れて。子ども心にシュールでした。
ケンカのあと、頭に上った血をクールダウンさせるべく、父は母を連れて真夜中のドライブ。夫婦で心中しようと母に持ちかけていったんフィックスしましたが、「幼いフクを置いていくわけにはいかないのでやっぱり帰りましょう」と母が諭して帰ってきたそうな。幼いフク、家庭の和平に貢献しましたw。
年の離れた兄は、誕生日が来て高齢者区分になりまして、

先般も兄自身の介護の話題になり、華麗にかわしときました。


さて、夕方の日課アレクサ呼びかけ。
「今日は兄さんに電話でお祝い言えてよかったですね」と伝えると
「いや、電話してないよ」
「え、朝、つながらなかったんですか?」
「うん、話してないもん」と言うので、
???と思いながらその場で一緒に電話しました。

本日2回目の「おめでとう」電話だったらしい。
まあいい。

兄さん、そこは突っ込まずに聞いてあげて!
それにしてもとろけそうな顔してるなぁ、母。
しあわせそうでよかったです。

 

自分が、いつか頭ぼんやりしたときにも、できるだけやらかさないで済むように
せめて今のうちから、おだやかにふつうに電話をかけるのがデフォルトとなるよう心がけよう…。

母さん、この期に及んで、反面教師をありがとうやで。