高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

「呼びかけ」できない! 帰京早々の大ピンチ

私が帰京してすぐ、実家の【Echo Show10】に不具合が出ることが多いので
同じ轍を踏まぬように、
実家を出る前に、先に再起動しておこうと思いまして。
【Echo Show10】のスイッチオフしてから、
そのままスイッチを入れ忘れてしまいました(T^T)
だれも責められません。100%私のせい。

 

羽田空港から「着いたコール」を、Alexa呼びかけでしようとしたときに
気がつきました。
ヤバい!! 向こうの電源を切ったまんまやわ!!!

 

固定電話にコールすると、運良く母が電話に出てくれたので
【Echo Show10】のスイッチを入れるようにお願いしました。
難聴&認知症のために、これが母にうまく伝えられません。
上面にあるポッチのいちばん左をちょいと押すだけですが
隣に置いた電話機のボタンを押したり
あらぬところを押しているうちに
カメラオフボタンをスライドさせてしまった母。
ようやくAlexa呼びかけがつながったのはよかったのですが
母側【Echo Show10】はビデオオフに_| ̄|○

スン……。
私の顔は母の【Echo Show10】画面に映っていますが、母の映像は一切見えません。

 

予定も立て込んでおり、空港でのやりとりの限界を感じ
帰宅後に持ち越しました。

帰宅して落ち着いてから母に電話しながら1時間格闘しましたが
もう全然だめ。
電話しながら、Alexaにつないで私が指示をして
母に【Echo Show10】の上面にあるボタンを押してもらうのですが
途中で10回ぐらい電話を切られてしまいました。
電話も切れれば母もキレる。

Alexa自体はつながってはいるので
となりに置いた固定電話とハウリング起こしてしまい
「もう、うるさいっ!!」ガシャン!
たしかにうるさいですが
それでは作業が止まってしまうじゃないですか、母さん(T^T)。
結局木曜日は諦めました。

 

さて、金曜日朝。
上の画像でもわかるとおり、
私は向こうの【Echo Show10】画面に映っているので、
それを利用して、
昨日使った画像に文字情報を入れたパネル的なものを作成して
見てわかるものを作り、説明することにしました。
※機器画像は下のAmazonサイト等から拝借。

用意したパネル?が功を奏し、母の動きも昨日よりはずっと速くなりました。
無事にカメラのレンズカバーは解除してもらい、もう一度テスト。
しかし、もうレンズカバーはないはずなのに、相変わらず母の画像は見えません。

【Echo Show10】自体の不具合かもしれず、こうなると
もう実家【Echo Show10】の再起動しかないなと思って(想定内)、
再度パネル(さっきのパネルの付箋を剥がし)、今度は左の赤字を見せながら

先ほどの1枚目の付箋を外すと、再起動用の指示書き(赤字)をつけていました。

「母さん、いちばん左のボタンを指で押してください」と伝えました。
この指示通りに(たぶん)、
母が最左のボタンにちょいと触れたらしい瞬間に
母の映像が画面に現れたのでした。
なんなん、これ!? どんな現象よ!?
母がへんなところを押している可能性もあるので強くは言うえませんが、
何が起きたかわかりませんでした。
まあいい。だって私の蒔いた種ですしw。
パネルの仕込みの甲斐あって、
この日は所要時間10分程度で復旧。

ようやく刈り取ることができ、心底ほっとしました。

飽きずに復旧に努めてくれてありがとうですよ、母さん。


やっぱり映像あるとホッとしますねぇ😊

最近、自分自身のもの忘れが、ちょっと気になってはいたんです。
にしてもひどかった。やらかしました。
再発防止に努めたいと思います。