高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

接触性アレルギーのパッチテスト

f:id:huku1910:20200526210752j:plain

失礼します! 地獄のパッチテスト。くるしい…


初夏なので、アレルギーネタ、続きです。私自身のことです。

「ほぼ間違いなく金属アレルギーですね。テストしましょう」
と言われたのが2017年4月上旬。
そのときちょうど顔やお腹にも湿疹が出ていたので
「金属のほかにもアレルギーがありそうだ。
一緒にチェックしてしまおう」ということになり、
自分が使っている化粧品類やら石けんやらシャンプーやらトリートメントやら
果てはコンタクトレンズや水、ワセリン、
皮膚科推奨敏感肌用シャンプー類などなど、
金属と薬剤、合計50種類をパッチテスト。
加えてアレルギーの血液検査も行いました。

f:id:huku1910:20200526211058j:plain
パッチテストはじんわり地獄でした。
アレルギーがあると思しき物質を、わざわざつけて
48時間密着させるのです。
当然、パッチの下はカイカイ!
汗ばむと、吐き気を催すかと思われます。
寒い時期じゃないとできない検査というのも納得です。


金属以外は身の薬剤を32種類テストして、約半分がダメでした。
すでに界面活性剤に反応することはわかっていたので
代替品としての、皮膚科医推奨の低刺激性石けんやらシャンプーやら
ことごとく試しましたがNGのものが多く、
コンタクトレンズの保存液もダメ、
合成洗剤代わりに洗濯に使っていた酸素系漂白剤やセスキもアウト。
何を使えばいいの…と、途方に暮れる私に、
「水道水が大丈夫なんだからヨシとしなくちゃ!」と
皮膚科医の先生はよくわからない励まし方をなさるのでした。
確かに、水道水のアレルギーはつらいだろうな…。
水道水のアレルギーの方も、やはりいらっしゃるそうです。


ただ、今のうちからわかっていれば、人生は格段にラクになります。
ダメなものをどんどんよければいいのですから!

「うちにはアレルギー体質の人なんていないのに、どうしてかしらねぇ」
と言う母に、私は言いたい。
「母さんの背中や足やお腹のカイカイは
おそらくアレルギーそのものです!」
しかし、病院嫌いの母に受診させるのは至難の業だし
もしも受診できたとしても、
パッチテストができるとは思えません。
こればかりは信頼のできる皮膚科医にお願いしたい。
私が通院する、アレルギーに強い東京のクリニックで
オンライン診療ができればな。
母のカイカイをなんとかしてあげたいけれど
悩ましいです。

f:id:huku1910:20200526210735j:plain

激しく掻いたせいで色素沈着を起こしていると思しき母の背。
気の毒で本人には言えず。

 

【余談ですが】
※私は木の芽時なので、ブツブツが出るのだと思っていました。
 顔の湿疹は、花粉由来のもの!
 お腹は洗濯に使っていたセスキ由来のものだということでした。
※アルコールやカキ(貝類)、果物など、
食物性アレルギーもいろいろ持っています。
 落ち着いたらアレルギー科で診察してもらわなくちゃと思っています。