高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

降り止まぬ雨が重くのしかかる

f:id:huku1910:20200707231250p:plain

また長い夜でした。降り止まぬ雨。
土砂災害と洪水、河川の氾濫、
ニュース画面を直視することができません。
情けなくも、つむぐ言葉がないほどです。

父はもう30年近く前にがんで亡くなりました。
病の直接の引き金は、2年連続の台風直撃による県下大打撃だと
私は思い込んでいます(詳細は書けずごめんなさい)。
身内が被災したわけではありませんが、私自身は
父の死は台風の二次災害だと感じてきました。
あのときも川は氾濫し、まちが水没しました。


直視しなくてはいけないとは思うけれど
人によるものでも、自然によるものでも
暴力的な映像を見るのは、
たとえ自分がいるのが東京のうちの居間でも
息ができなくなるくらい苦しい。
遠く安全地帯にいて、被災地のみなさんごめんなさいと思うけど、
それでも悲しくてつらい。
それに加えて、荒れ狂う川や水没するまちが映し出されると
深い怒りがこみ上げてしまいます。
だれにも、どこにも、ぶつけることができない怒りと痛み。
ここ数年はいつでも、梅雨の終わりと秋の終わりに
ただ唇を噛みしめています。
一日も早く平和が戻るよう、思いを寄せるしかありません。
せめて被災地の物を買ったり、ふるさと納税したり、
それからまちが元気になったら出かけたい…。


心配してくださったみなさん、ありがとうございます。
母は無事で、今のところは床下浸水も免れているようです。
昨夜、当たり前ですが母は怖がっていたので(安全な場所にいます)
「ニュースばかり見たらつらくなるから、あんまり見ないこと。
今夜も激しく降りそうだから早く寝たほうがいいよ」と伝えました。
こちらはスマホで、エリア天気予報サイトと首っ引きです。
まだ、雨、続くなぁ。

これ以上被害が拡大しないように。せめて。

いのちが守られますよう。