高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

敬老の日、ヤッホー!

f:id:huku1910:20200921225913j:plain

遅ればせながら、朝からひとりで父の納骨堂へ、お墓参り。
その後、敬老の日スイーツなどを調達しにまちへ。


ちょうど地元の百貨店で催事「全国うまいもの大会」をやっていたので
天むすとあなごめしを1人前ずつ、お昼ご飯に。
母の好物(と思しきもの)を、ふたりで半分ずついただく寸法です。
その催事に、BABBIが来ていたので、ウエハースと、
松葉の栗きんとんを、敬老の日スイーツに、買って帰りました(上の写真)。
母さん、アレクサは、敬老の日の贈り物ですからね!(=ほかに贈り物はありません)


夜は、敬老の日にかこつけて、「銀のさら」でお寿司を出前してもらいました。
昼も夜も作らなくていいなんて!! ちょっと夢のよう♡

f:id:huku1910:20200921230211j:plain

「おいしい、おいしい」とごきげんな母。
母が食べやすいように、シャリを少なめにしてもらって大正解。
銀のさらは注文時にシャリの量を、普通か、少なめか選べます。
私が「今日は敬老の日だから…」と言うと、
「敬老はイヤだ。母の日がいい」と言う母。

 

【後発白内障術後…】
「私は左はなんともなかったのに」「どうして右じゃなくて左がされるの」「病院なんて行くんじゃなかった」などなど、弱い者(私)に強い母、いろいろ申し立ててきます。
「いいえ、お母さんが『左が見づらい。手術していないからですよね』からすべては始まっているのをお母さんは忘れています。あんまり言っていると、『あのおばさん頭おかしいんじゃない』って言われますよ!?」
と言うと、少し引いていました。キツかったかな。まあいい。

 

遅ればせながら、少しでも理解の足しになるように、
病状と、どんな手術だったのか、術後どうなるか、ウエブで適当に拾ってまとめ
紙にして母にわたしたら、ほんの少し前向きになってきました。

f:id:huku1910:20200921230806j:plain
自分で書かなきゃわからないと、メモしていました(左)。中・右は、ウェブで拾ってまとめました。上のクスリはラベルを作り直し。これなら間違いにくいはず。

もうじき私がいなくなること見越して
自分で目薬を点眼する練習も始めました。
夕方には「自分でやってみる」と言い、「指示書きがわかりにくい」といったリクエストも(対応して、ピンク付箋に文言を書き直しました)。
泣いても笑っても明日からは手伝えないんだ。母さん、がんばってください!

f:id:huku1910:20200921230722j:plain

状況をまとめたファイルを作りました。じつは右をやったか左をやったかは、私でも間違えます。わからなくなって当然だと思うな(写真で切れているところに「左を手術」と明記しています)。
できることはほぼやった…かな?

後発白内障の過去記事

55enkyorikaigo.hateblo.jp