高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

「サンタさんはいるわよ!」の母に感謝

f:id:huku1910:20201223211507j:plain
あるクリスマス近くのこと。私は4歳くらいで、
近所の子どもたちが集まって遊んでいるとき、圧倒的に私が年下でした。
何かの拍子に、私が「サンタクロースはいるよ」と言ったら
「え? フクちゃんバカじゃない!? 
サンタクロースがいるんだって!」

と年上のお姉ちゃんたちに嗤われたことがありました。
だだだだだって、うちにはいつも来るのに!?


泣いてうちに帰り、ことの次第を母に話したら
母がすっくと立ち上がり、新聞片手に、
まだ表で遊んでいた子どもたちのところに出かけて行きました。
「みんな、おいでーっ。
ほら、サンタクロースが活躍していることが

新聞にも出てるわよ。
サンタさんはちゃんといるからね、大丈夫よ」

近所の子どもたちは口々に、
「へえ、ホントだ、サンタクロースってホントにいたんだね」
と神妙な顔つきでその記事を見ていました。
遠くからそれを見て、どんなにうれしかったことでしょう。
思い出すたび、母さんありがとうという気持ちになります。


ひと足早く、23日到着で、母に小さなクリスマスプレゼントを贈りました。
無事着いたそうで、気に入ってくれた模様。ヨカッタです。
割烹着好きの母に、久留米織の前開き割烹着。スモックみたいに着られます。
冬は暖かなんですよね、割烹着。

f:id:huku1910:20201223210952j:plain

自分のところには、丸亀市の骨付鳥の一鶴(いっかく)さんから
クリスマス用チキンが届きました。
母ひとりで食べるのは温めるのが難しいかと、結局贈らなかったのですが
フタを開けるとクリスマスカードがあまりに可愛くて
しまった、やっぱり母にも贈ってあげたらよかった
と後悔しました。
だって箱を開けたときの高揚感がたまりません。
来年は四の五の言わずに贈ったげよう。

てか、来年はクリスマスのお祝い、母ともしたいな。

www.ikkaku.co.jp