高齢ADHD母の遠距離介護記録

88歳独居の母は、どうやら高齢者のADHDのよう。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

ワクチン接種に揺れる母

f:id:huku1910:20210610001953p:plainf:id:huku1910:20210610002012p:plain

新型コロナワクチン接種について、無事に予約できた旨を母に伝えました。
予約できたものの、実家から少し遠い場所になってしまいました。
「え、そんな遠いところいやだ」想定内すぎて笑いました。
「私がお供させていただきますから」


「でもさ、注射したら死亡率が上がることもあるわよね」
「ありません」

「え、2回!? 2回もやるの!? 1回でいいわよ、私は1回で十分」
「2回です。え、母さん、注射のことをよ~く理解できたから『やる』とおっしゃったんですよね」
今のところ、もっともこれが効きました。


翌日、民生委員さんから私に電話がきました。
民生委員さんには予約できたら最初にメールで報告済みです。
「気になったので今朝、顔を見に行ったらやっぱり嫌がってました。
『予約票なんか探すんじゃなかった』(←母は探していません。私が手配したw)
とおっしゃるので
『何度失っても娘さんが揃えるので大丈夫ですよ』
と言っておきました。来週までに、そのうち落ち着かれるかもしれないし。
私は大丈夫な気がする!」

ホント、神対応で助かります。

ちなみにこの日、私には日課のアレクサ呼びかけでも
イヤイヤしませんでした。
代わりに、
コロナの神、よけて通れよ このところ
大師この世にあらんかぎりは

と詠んでおりましたw ちょっと楽しそう…。

 

兄にも事の次第をメールで連絡。
「母さんが揺れているので、
それとなく“ワクチンめっちゃいいらしいぞ話”を盛ってください」
頼んでおきました。息子パワーに依存したい。


あとは、念・忘・開(ねん・ぼう・かい)で
私もしばし忘れることといたします。ふふふ。

f:id:huku1910:20210610002617p:plain