高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

自尊心傷つけない食べこぼし対策、思案中

日課の夕方アレクサ呼びかけ。
私がいつ帰京したのかなど、もちろん全くわかりません。

木曜日、羽田空港から着いたコールしたときは通じましたが、
その日の夕方のアレクサ呼びかけでは、もうわからなくなっているようでした。
それで全然いいとも思います。

f:id:huku1910:20220326231058p:plain

ダウンのフォルムがミシュランくんに似てる…と思うのは私だけでしょうか。
映っている、母が着ているユニクロのインナーダウン。
ヘビーユースで着てくれている分、
先日実家でしげしげと眺めたら、多彩なシミが見頃にいっぱい…(汗。
どうやら食べこぼしのようです。
もはや洗濯してどうこうというレベルではなさそうなので、
今度の冬はインナーダウンを新調しなくちゃと思いました。
このダウンは、おうち着として2シーズン使い、大活躍してくれました。
軽くて温かくてとても便利です。
夏の間に母には内緒でこっそり処分し、秋が来たら新調しよう。


母はよく食べこぼします。
箸を使ってふつうに食事することができ、嚥下の問題もありません。
こぼすのは、口元よりも箸から落とすことのほうが多いです。
多動のせいで、注意力散漫という印象です。
最近は私も落ちるにまかせ、あとで拾うことにしています。
「落ちた!」で食事を中断するよりも、まずはたんと食べて欲しいので。
食事のたびに、テーブルとイスの距離をくっつけて
座り直してもらいますが、それでも落ちるものは落ちる。
服にも床にもこぼすけれど、テーブルこたつ布団にもよく落とします。

 

食べこぼしによって布団や衣服を汚してしまうの、
なんとかならないかな。
食事時だけ、母の席のコタツ布団にナイロンのクロスを掛けようかな…などなど
対策を思案中です。
でも、ググって見つけた介護用のお食事マットも、食事用のエプロンも、
母の自尊心を傷つけそうで、「ないな」と感じます。
年寄り扱いしちゃいけないというか、したら猛烈嫌がるだろうと感じます。
オサレで、実用的な
高齢者の食べこぼし対策を探さなくちゃ。

うまく思いつくといいです。

 

案1
ビニール製の切り売りテーブルクロスで、
タツ布団にカバーをつける案。

案2
食事用エプロンでも、こういうデザインなら抵抗感が少ないかもしれません。
着物用お食事エプロンもアリかな。

 

【過去記事です】母の認知障害に気がついたのも、服に付いた食べこぼしのシミがきっかけでした。いや~、7年前のキッチン、ひどかったんだな。久し振りに見て思いました。私、がんばってるやん!

55enkyorikaigo.hateblo.jp