高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

毛深さコンプレックス 加齢で体毛は薄くなるのか!? 前編

①顔の産毛は少し薄くなった程度

もともと、産毛・ムダ毛が毛深いほうで
子どものころから悩みも深かったです。

それが今、アラカンで体毛がずいぶん薄くなっています。
40代後半には如実に感じはじめました。
脱毛サロンに通ったことはありませんが
まあつるつるになりました。

十代半ばから20年間くらい、必死に
毛抜きで脱毛、薬剤での脱毛を繰り返したのがよかったのか。
体毛の毛母細胞が傷んでいたからなのでしょうか。


年齢とともに体毛は薄くなるのか…と思ってググる
一概には言えないようです。個人差が多いのかもしれないし、
そうであっては困る企業もあるのかも!? 

ちなみに母は若い頃から、顔以外に、ムダ毛・産毛がありません。
成長期に腸チフスに罹患して高熱が続いたのが原因らしい。
本人はムダ毛がないのがコンプレックスで
共同浴場では前をタオルでかたく隠していました。
悩みは人それぞれです。

ただ、私には
銭湯などで、剛毛脇毛の女性高齢者の印象は残っていません。
高齢者施設で特養の入浴介助もしていましたが
やはり記憶にありません。必死すぎてチェックしていなかったのか!?
強い記憶は、日々おむつ交換をさせていただく中で
性器は人それぞれ位置や大きさが大きく異なり、
顔ほど個人差があることを知りました。これは貴重な体験でした。


びろうな話ですが、思春期にとっては大事なことなので
個人的なムダ毛対策の歴史を記しておきます。
長くなるのでちょっぴりずつ…。


【禁忌:脱毛クリームを顔に塗りカールおじさんに】

いちばん気にしていたのは鼻の下の産毛でした。
脱毛クリームを初めて手にした中1の頃、
「夢のような製品だ」と思い、使用NGを承知で鼻下に塗りました。
ヒリヒリ感が強くなり、時間前にヘラでクリームをこそげ落としたら
皮膚も一緒にはがれてしまいました😭 
翌日から私はカールおじさん(鼻の下ひげ位置がひげのようにかさぶた)。

産毛よりもずっとひどいことになりました。
まあ、笑い話で済むレベルでよかったです(汗。

というわけで、よい子のみんな。
注意書きに書いてあることはちゃんと守らなきゃいけないよ。

 

【毛抜きとカミソリ】
それ以前も、鼻下の産毛コンプレックスを解決するために
小学生の頃から毎朝、父の安全カミソリを鼻下にあてていました。
もちろん家族には内緒です。
バレると「毛深くなる」「危ない」と、ものすごく叱られました。
でも、やる。バレないように。

それから眠る前にはかならず毛抜きで脱毛。
光量のあるスタンドのもとで、鼻下から毎日20本抜くのが日課
小学生高学年から10年近くの習慣でした。
それ以降は頻度が下がってきます。
一人暮らしスタートで、カミソリをあてるのは入浴時になりました。

思春期から「毛抜きがないと生きられない」くらいに思っていました。今手元にあるのはこの4本。実は初代をまだ持っています(奥から2本目)。45年以上ともに過ごしている相棒で、10歳の頃、当時の自宅救急箱から失敬しました(汗 刃先が今もよく合い、ときどき現役で活躍します。そのほか、折々に触れて入手してきた貝印と、奥は海外製のをコスメショップで購入しました。海外製は刃先が合わなくなるのが早いように感じます。あこがれの「うぶけや」毛抜きはまだ持っていません。最後の毛抜きは「うぶけや」にしよっかなw

www.ubukeya.com

 

鼻の下の産毛は、実はアラカンの今も残っています。
ひと月に一度抜けば大丈夫、いや、カミソリだけでも問題ないかもしれません。
でもまだある。
ちなみに鼻毛はまだまだ目立ちます。

母はいまだにカミソリで顔そりします。
鏡台や洗面所に無造作にカミソリが置いてあり、ヒヤリとします。

私はこのカミソリ、横滑りが怖くてよう使いません。
かといって、横滑りしても切れないガード付のは高校時代に卒業しました。
あまりに切れ味が悪くて、無理。
使うのはもっぱらT字型の男性用の安全カミソリ、
行きがかり上4枚刃を使用していました。

男性用のカミソリ刃は、5年以内に10枚まで行きますかね?w
刃の枚数が増えるたびに高くなるし、正直産毛対策の私は4枚刃は不要。
本当はシックウルトラの2枚刃が最強なんですが
ドラッグストアにはありません…。
密林にはあったんです\(^_^)/

「X」になってるけど大丈夫かな。でも、2枚刃替刃は経済的。これで十分。

 

顔の産毛はもうすぐ70歳の先輩も
まだ、しっかりおありです。
長いおつきあいなのかもしれませんねぇ。

 

私は眉も濃いので、長らく抜き倒していましたが
生える速度が落ちた今はもう抜きません。カットのみ。
そのせいもあり、眉は薄くなりました(T_T) 
抜くもんじゃありませんでした。

 

【過去の自分に言いたい、鼻下産毛処理の注意点】
○毛穴を広げないように流れに沿って抜く。
○毛抜き作業前に、毛抜きを清潔にしておく(毛穴にばい菌入らないように)
○毛抜きもカミソリも、皮膚を傷つけないように細心の注意を払う。
 傷つけると思わぬシミ(痕)になるので気をつけて。
○薬剤厳禁
○とにかく皮膚を大事にしろ。

 

☆後半は別にまとめさせていただきます。
 あんなに長らくコンプレックスだったのに、こうして記してみると
 ふつうすぎるのに驚いています。