高齢ADHD母の遠距離介護記録

89歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDと。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。介護しながら母娘関係をおさらい、修復しています。

冷風機導入。介護者の暑さ対策たててみた

f:id:huku1910:20200805224121p:plain

夜7時。母からクレームの電話かかってきました。
「なんかすごく大きなものが届いて、うちが傾きそうなんだけど💢」
密林から「お届けしました」メールが私に届きましたが
やぶ蛇になるので、母に追っかけ電話はしなかったのです。
どうせ叱られるんだし。


7月の介護帰省時、私は暑さにすっかりやられてしまいました。
過去記事こちら。

55enkyorikaigo.hateblo.jp

8月に介護帰省するからには、暑さ対策を万全にしたかったのです。
家の造り上、冷房の取り付けられない猛暑の台所で
涼しく快適に台所仕事がしたかった。

冷風機、冷風扇、2台目サーキュレーター、冷タオルなど、
あれこれたくさん考えて、
やはり冷風機しかないと結論を出しました。
一方でカビの悩みも抱えており、冷風扇の選択はできませんでした。
ただ、冷風機は学生時代に友人が使っているのを見て、
あまりいい印象を持っていませんでした。
排気を失敗したらエライことになってしまう。
本当にいけるのかなぁ…と悩みつつ、
使っていらっしゃる方のブログを舐めるように拝読し、
レビューをチェックしまくり、

購入を決めました。

安心のコロナ製。13.5キログラムあり、高さは60センチと、抜群の存在感。
音と振動スゴイらしいけど、排気さえしっかりすれば、なかなか働き者らしい…。

ちょうどAmazon限定モデルが少しお安くなっていました。
3万円切ってる!


「見つめる前に飛んでみようじゃないか」

が、信条です。 (堕天使ロック/ジャックス)


母ですか? めっちゃ怒っていました。
私が熱中症にならないためだと説明しても
「そっちの都合」ですわな。まあしょうがありません。
母の文句を「はい」「そうですね」「ごもっとも」で受け流し、
「でも、私のためですから使わせていただきます。
かあさんのために、仕事がんばるからね♡」
と対応しておきました。
私の作業率とモチベーションが上がればそれでよいのです。

この件については、母の利益に直結しないので
納得できない母から、プンスカ言い続けられる可能性もありますが…
あえてそこにはフォーカスしない。
バラ色の未来にだけきっちりフォーカスします。
こんなことならもっと早くつけておくんだった!
とピースで笑っている未来、やってこーい!!

結果はまたご報告したいと思います。

もしも来週、私がなにもつぶやかなければ、この計画は失敗です。
そのときはどうぞ突っ込まないでください。

排気口対策しなきゃ。