高齢ADHD母の遠距離介護記録

90歳独居の母は要介護1。高齢者のADHDで認知症、片耳難聴からの両難聴。東京~九州で、遠距離介護しています。私1965生。いろいろあるけど、まあいい!

高齢母モノ盗られ妄想発動 新型コロナワクチン接種4回目

朝7時に憮然とした母から着信。
体調が悪いのかとドキドキしながら話しを聞いたら
「ヘルパーさんの電話番号教えて」
??? ヘルパーさんに来てもらうくらい具合悪いのか???
「今日も来ることになっているのはもういらない。
お断りの電話をするから」
????? お越しになるのは木曜日だけど???
「デパートの北海道展で5つ買ってきた飴が3つしかない。
ヘルパーさんが勝手に持って行った。
あの人は何でも持って帰る。
それを考えたら昨夜は一睡もできなかった💢」
_| ̄|○
モノ盗られ妄想、出ました。初めての、対ヘルパーさん。

そういうときは否定してはいけません、
頭ではわかっていても
「いやいやいやいやいや、母さんの思い違いだと思います」
と、反射的に口をついてしまいました。
「私はまだそこまでボケてはいないわよ💢」
…十分にボケていますが、さてどうしよう。


日付の見当もズレているし、
いろいろズレまくっているので、困ったなと思いつつ、
まず、日程の誤りを正しました。
「ヘルパーさんがいらっしゃったのは一昨日ですよ?
今日はどなたもいらっしゃいません。
じゃあ、私が代わりに事業所に電話して伺ってみましょうね」と言うと
「そんなことしたら角が立つでしょうが!
私が自分でやります💢 あなたはなにもしないで💢💢」
…そこは正しい判断です。そういう判断はできる。よかった。

 

なんか、びっくりハウスに入っているみたいな気分になります。
「電話番号は、母さんの部屋のカレンダーに書いてありますからね」
いったん電話を切り、放置しました。

 

何事もなかったふうに、夕方いつもの日課Alexa呼びかけです。
おだやか、ごきげんな母が現れました。


今日の配食を見せてくれる母。変わり身の早さは母の長所でもあります。

せっかく忘れているし、
朝のことは言わないでおこうかと思ったのですが
「なにか話したいことがあったんだけどなぁ、何だっけなぁ」
と母が言うのでつい
「ヘルパーさんのことですか?」と聞いてしまいました。

「そう! お土産をあげたときに、ひとつあげたつもりだったんだけど
ふたつ持って行っちゃったんだって!!😊😊😊」
なんだそりゃ。
朝のモノ取られ妄想はないことになっていました。
…まあいい。


さて、おかげさまでワクチン接種の副反応警戒タイムも過ぎました。
3回目がずいぶん前のことに感じられ、以下の自分からの申し送りが役立ちました。

 

4回目のワクチンはファイザー。【ファ・ファ・モ・ファ】でした。
看護師さんの「早め早めで、解熱剤、痛み止めを飲んでおいてください」
アドバイスに従い、
接種5時間後、24時間後にロキソニンを服用(今までは使っていませんでした)。
腕は、接種後すぐから腕回しなどに努めました。
上腕二頭筋あたりに痛みが集中しはじめてからも
ていねいにストレッチを続けて。
おかげで、副反応らしい副反応は何もなく、体温も安定。
だるさも、カラダの弱いところの痛みもなし。
ふつうに仕事、おでかけ、家仕事をこなすことができました。
12月の母の接種時も、この手で行こうと思いました。
鎮痛解熱剤入れと、筋肉のストレッチ。

 

【5回目ワクチン接種をやることになった未来のわたしへ】
✔接種当日は普通に仕事できる
✔5時間後、24時間後に鎮痛解熱剤投入
✔接種直後から丁寧に腕まわし。ゆっくり、じっくり。
✔26~28時間くらいのダメージに注意


ひとりご飯もあとわずか。あり合わせで、夜ご飯に山盛りパンケーキ作りました。自分ご褒美。発酵バターメープルシロップも山盛りでしあわせ♥ ベーコンエッグの塩気とぴったりでした。
アマプラ(有料)で『泣く子はいねぇが』をようやく鑑賞できました。満足。最後の真山神社からナマハゲたちが降りてくる映像、たまりませんでした。